2007年11月30日

朝青龍と亀田大毅

今日、2人の謝罪会見が開かれたみたいですね。まァ、会見を全く見てないし、どんな内容だったのかも全然知らないんですが。



それにしても…



もういいんじゃね?



2人とも、(スポーツ選手として)公的な処分は受けてるんだし、それをさらに「謝れ謝れ」って。そりゃ、謝るべきところはキチンと謝らなアカンだろうけど、会見まで開いて、テレビカメラの前で、なんの利害もない記者に責められながらってのは…。



何をそんなに謝ってほしいんだか。



それでもまだ「謝り足りない」とかいうヤツも居るんだろうな。



…中国や韓国じゃあるまいし。



まァ、個人的には、一人ぐらいああいうのがいてもいいんじゃないかとは思いますけど。相撲にしてもボクシングにしても、自分の身体ひとつで頂点まで登りつめなきゃいけない世界なんだし。憎まれ役がいた方が、盛り上がるのも事実だしね。



もちろん、それ相応の実力も必要ですが。





いすれにせよ、これでとりあえずは一段落、かな。
posted by あとむ at 23:59| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

トレード第2弾

前回の『中村泰⇔金村』に続き、『濱中・吉野⇔平野・阿部』のトレードが決まりましたね。シーズン中から清水直とか岩隈とか、最近でも川越とか、いろんな噂はありましたが、とりあえずはエエ感じのバランスでまとまったんじゃないでしょうか。

濱中は、怪我の影響もあるとはいえ、あの肩では甲子園の外野は守れないだろうし。吉野にしても、一時期の球のキレはなくなってきたとはいえ、他球団でもう一花ぐらい咲かすチャンスは十分にあると思うし。

平野は、千葉マリンでのフェンス激突以来好きな選手やし、阿部にしても、ルーキーイヤーに2勝したときに「えらいイキのエエ投手がおるなー」って思った記憶があるし。

ただ、あくまでイメージですけど、両球団ともに“余剰戦力”の“在庫整理”な感じの印象が拭えないのも事実で。金村のときは、「金村が欲しい」って意図が見えた気がするんですけど、今回は、「平野が欲しい」とか「阿部が欲しい」って感じのトレードには見えないんですよね。まァ、形としては、「オリックスが濱中を欲しがった」って感じなんでしょうけど…。

まァ、でも、そんなものはマスコミの植えつけたイメージで、どうしても、阪神の選手主体の記事になっちゃいますから。実際は、もっといろんな事情があるんでしょうね。

しかし、濱中のトレードはやっぱり寂しいなァ。濱中がドラフトで指名される前日、スポーツニュースのドラフト特集で濱中をピックアップしてて、それ以来応援してきた選手ですから。林と桜井に押されてるとはいえ、まだまだこれからと思ってたのに…。新井を獲得したからかなァ…。だとしたら、余計に寂しいなァ…。

まァ、四の五の言っても、決まってしまったものは仕方ないですから。濱中には是非、オリックスで4番に座ってもらって、3割30本は打ってほしい。吉野も、中継ぎとして、是非とも復活してほしい。

そして、平野には、藤本や関本とセカンドの座を争ってほしいし、阿部にも、若いピッチャーの多い投手陣の中で、しっかりと切磋琢磨していってほしいです。


さーて、もういっこぐらいあるかな、トレード…。
posted by あとむ at 01:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

友人の結婚式にて

秋茜ライヴの翌日、先週の土曜日は東京で友人の結婚式でして。

結婚式といえば。

今年のアタマ、別の友人の結婚式で漫才を披露して、それはもう見事なまでのスベリっぷりで心がポッキリと音を立てて折れ、「二度とやらねェ」と、ここのブログで書いたコトを覚えている人もいるかと思いますが。

今回は、そのとき相方を務めた友人の結婚式で。これはさすがにリベンジというか、やらないわけにはいかないだろうってコトで、またもやネタを披露してまいりました。

前回は、完全な喋りの漫才で、ネタもゼロから作るという暴挙に打って出たため、上記のような結果になってしまったわけですが。今回はその反省も踏まえ、“インポッシブル”という吉本若手芸人のネタを完全にパクらせて頂きまして。

簡単に言えば、2mのカブト虫と闘いました。

前回は、ネタのスベリ具合も酷いもんでしたが、それよりも、途中で頭が真っ白になってネタを飛ばしてしまったコトが、心が折れる最大の要因になったわけですが。

今回はネタも短く、最初っから最後までミスがなかったので、俺的には大満足。「こーすれば良かった」とか「あーすれば良かった」とか、そういうトコがひとつもなく、“やりきった感”で心が満たされましたのでね。

ウケたかどうかは、別の話(笑)

まァ、もし映像が用意できるようなコトがあれば、このブログにアップしたいと思います。



さて、つぎは誰の結婚式でどんなネタをやろうかしらん。
posted by あとむ at 22:40| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

ああ、それと

橘いずみ(榊いずみ)さんが、第1子を出産されたそうで。





我が事のように嬉しいですね。





復活ライヴも待ち遠しいですが、しばらくは子育てに専念してほしいです。





子供が生まれたから、歌う曲とかも、また変わってくるのかな?





なにはともあれ、おめでとうございます。
posted by あとむ at 23:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新井、阪神移籍で合意

「新井自身が決めたコトだから」とか

「ルールに則った上での獲得だから」とか

「ちゃんとした“補強”だから」とか

そんな正論をいくら並べたところで、他球団(特に広島)のファンからしてみれば、カネに物を言わせて他球団の主力選手を強奪する“金満球団”であるコトに変わりはないわけで。



だからといって。



「新井は広島に残るべきだった」とか

「これじゃ巨人と一緒じゃないか」とか

「若手のチャンスが奪われる」とか

そんな批判をしたところで、来シーズンが始まってしまえば、間違いなく新井を応援するし、阪神の試合に一喜一憂してしまうのが、阪神ファンである俺の悲しい性でもあるわけで。



なので、ここはもう開き直るコトにします。



新井選手、ようこそ阪神タイガースへ!
posted by あとむ at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

まずは16日の秋茜ライヴレポ

金曜日。こないだのLAST TARGETのライヴで、スーツでのモッシュはさすがにキツイってことの反省から、定時で仕事を切り上げて一旦家に帰って着替えてからUP SETへ…と思ったら、あえなく撃沈。ハコに着いたら、すでに2組目のラスト2曲ぐらいでした。

で、3組目が秋茜。いやー、危ない。

とりあえず、上着を脱いでネクタイ外してシャツ脱いで。しかし、下半身はスーツに革靴。さすがにこれでは…ってコトで、2列目で大人しく観戦。秋茜のステージを、こんなに大人しく見たのは初めてかもしんない。おかげで、なんか新鮮な感じでステージ見つめてて。主に、ミカさんの動きに見惚れてました(笑)

曲は、けっこうたくさん演ったような。13曲?14曲?ぐらい。そのうち、新曲からは3曲だったかな。『Big Tree』はやっぱ好きだなー。

が、このまま大人しく終われるはずもなく。『HISTORY』で、やすさんに前列へ駆り出されて。こんなことなら、最初っから暴れときゃよかったんじゃね?てな感じで。で、一旦後ろに下がったものの、ラストの『オン・ザ・レコード』で再び前へ。いや、だから、こんなことなら最初っから暴れときゃよ(以下略)

やっぱ、スーツでモッシュはキツイです。

4組目は、VICTIM CHAOS。初めて見るし、どんなバンドなんやろー?って思ってたら、前に見たことありました(笑)。なんで覚えてなかったんやろ?思い出してみれば、前に見たときに「カッコエエなー」って思ったはずやのに。…んー、まァ、いいや。これで覚えました。VICTIM CHAOS。やっぱりカッコ良かったです。

んで、ライヴが終わったのがまだ10時前で、ただ、次の日は東京で友達の結婚式やから、大人しく帰ろう…と思ってたら、なんだかんだで打ち上げまで参加。ミカさんとユリアさんにがっちりロックオンされたまま、飲みーの、食いーの、喋りーので、気が付けば2時過ぎ。またもや、やすさんに家まで送ってもらいました。

最近、名古屋でのライヴのときは毎度やね。感謝してます。

いや、でも、しかし、正直、暴れ足りなかったなー。来月の名古屋アポロシアターのライヴも平日やし、スーツ参戦の可能性高いしなー。となると…福岡?とか、柏?とか、強行しちゃおっかなー。…いやー、どうだろ?(笑)

とりあえず、来月のシングルとアルバムが、楽しみです。
posted by あとむ at 23:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

大学・社会人ドラフト

1巡目  白仁田寛和  投  手  福岡大
3巡目  石川  俊介  投  手  上武大
4巡目  黒田  祐輔  投  手  シャンソン化粧品
育 成  田中慎太朗  内野手  立正大



高校野球に比べて、大学野球や社会人野球はそれほど詳しい方じゃないので、あんまりこれといった感想はないんですが。それにしても、中田に続いて大場まで外すとは…。中田は当てなくて正解だったけど、大場は外してほしくなかった。まァ、中田の外れで高濱を当ててるから、そんなに続かないとは思ったけど。

指名が投手ばっかりってのが気になるけど、まァ、高校生ドラフトで内野手2人獲ってるし、今年に限って言えば、大学生にも社会人にも、そんなに無理して指名するほどの選手はいなかったしね。ただ、3巡目の時点で、関学の宮西が残ってたから、そこは強行してほしかったなァ。石川なら、折り返しの4巡目でも指名できただろうに…。

4巡目の黒田に関しては、超隠し玉だったみたいですね。なんてったって、野球部のないシャンソン化粧品からの指名ですから。まァ、今朝の報知には抜かれてたみたいですけど。

それにしても、一昨年の鶴、去年の小嶋に続いて、今年も故障持ち(故障明け)の選手を1巡目指名かァ…。まァ、メガネを理由に古田の指名を見送った過去を考えると、ドラフト戦略としては格段の進歩なんだろうけど、いかんせん、故障持ちの選手をじっくり育てるって環境が整ってないからなァ。フロントもマスコミもファンも、急かすから…。FAにカネ使うぐらいなら、トレーナーとか、身体のケア面を充実させてほしい…。

とりあえず、これでドラフトも終わって、またFAやらトレードやら新外国人やらが慌しくなりそうな気配。大場が獲れなかったとなると、金村に続いて、もう一人ぐらいピッチャー獲るんかな。グライシンガーとか…。まァ、ヤクルトは佐藤に続いて加藤も獲ったからね。そんなに罪悪感持たなくていいかも(笑)

とにかく。

高校生ドラフトのときにも書きましたけど、今回のドラフトが成功だったか失敗だったかってのは、今の時点では分からないですからね。幸いにも、投手陣が手薄なチームに指名されたわけですから、新人王目指すつもりで頑張ってほしいです。
posted by あとむ at 23:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

金、土、日と

仕事終わってー



秋茜のライヴ行ってー



打ち上げ参加してー



2時過ぎまで飲んでー



次の日は東京行ってー



友達の結婚式参加してー



またネタを披露してー



式に参加した友達と闇鍋やってー



いろいろ語ってー



楽しくて幸せな週末でした。



各々のレポは、また明日。





とか言いながら、明日はドラフトネタで(笑)
posted by あとむ at 23:25| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

鬼に笑われるのを覚悟で

来年の話です。でも、俺にとっては死活問題。


今日、ウチの会社の来年のスケジュールが出たんですが。

いままでみたく、自由に土曜日休めなさそう…。

てことは。

つまり。

東京のライヴに行きづらくなるじゃないかっ。


いや、まァ、行けるけどさ…。

新幹線とか使えばさ…。

新幹線…。

…。

…。

…高っ!


土曜が自由に休めるのが、いまの会社のエエとこやったのになー。



なんてこったい。
posted by あとむ at 01:13| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ビデオ判定導入?

またもや野球の話題です。すいませんね、ライヴがないと、他に書くコトないのよ…。ていうか、シーズンオフになってから野球の話題が増えるって、どーゆーコトよ?(笑)

ま、そんなコトはさておき。

メジャーリーグで、ビデオ判定の導入を検討していく方向で、話が進んでるみたいですね。いまのところ、ポール際やフェンス際の、ホームランか否かの判定に限るみたいですが。

まァ、日本でも微妙な判定があるたびに、ビデオ判定導入云々の話が出ているだけに、これがもし上手くいけば、日本でも…ってコトになっていくのは間違いないでしょう。

けど、実際問題として、上手く機能するかどうかは疑問。ホームランか否かの判定で、ポール際の打球なら問題ないんですが、フェンス際の打球となると、ややこしくなりません?

たとえば、フェンスを越えた(ように見えた)打球が、フェアグラウンドに跳ね返ってきた場合。そこでもし仮に、審判が「ホームラン」と判定したとしますよね。そうなると、打者走者はゆっくりホームイン。

が、相手チームのクレームによりビデオ判定すると、打球はフェンスを越えていない。てコトで、ホームランは取り消し。となると、打者走者の進塁はどこまで認められる?

…ってコトにならないですかね。

まァ、「その場合はエンタイトルツーベース」とか、細かく取り決めておけば良いんですけど、もしこれが、ホームラン以外の判定でも使われるようになると、もっとややこしいコトになりそうな気がして。

野球の判定ってのは、その判定によってプレーが止まるわけではなくて、その判定によって次のプレーが生まれる、いわゆる『流れの中の判定』ですから。いちいちビデオ判定して、判定がコロコロ変わるようなコトになると、ゲームとして成り立たなくなるんじゃないかと。

まァ、でも、ビデオ判定なんてもんが議論されるほど、野球の審判の地位もレベルも下がってるってコトなんですかね…。ただ、試合見てても、明らかに『匙加減』してる審判もいますし、仕方ない気もしますけど。

それでも、スポーツにおいて審判は、あくまで絶対的なものであるべきやと思うけどなァ。

もしビデオ判定が本格的に導入されるようなコトになったら、審判もストライキぐらいしたほうがいいんじゃないか?
posted by あとむ at 23:40| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

阪神・中村泰⇔日ハム・金村

高校生ドラフトが終わり、戦力外の通告も終わり、これからトレード、FA、大学・社会人ドラフトと、戦力の入れ替えが慌しくなる季節ですが、今シーズンオフで、初のトレード成立じゃないかな?阪神の中村泰、日ハムの金村、両投手のトレードが成立しました。


まァ、阪神側からすれば、

実績だけ見れば、ボロ儲け
現時点の実力では、やや儲け
将来性では、やや損
年俸・FA権面では、大損

トータル、ちょい儲け

てトコでしょうかね。
もちろん、現時点で。


俺的には、金村は阪神に来るだろうとは思ってましたが、まさか中村泰と1対1とは…。せめて、吉野と1対1か、中村泰なら、もう一人ぐらい野手つけないと…。

…吉野は、ロッテ・清水用か?

一時期ウワサになってた濱中は、あれだけ書かれてたら、逆にないだろうと思ってました。ま、その記事信じて、日ハムに「濱中獲るな」って電話したバカもいたそうですけど…。

…その濱中も、清水用だったりして(笑)

まァ、でも、今年は明らかに先発不足でしたから。多少実力が下降線でも、それなりの実績があって、致命的な怪我でも抱えてない限りは、どんどんトレードで獲得していってほしいなー。

楽天・岩隈とか、無理かな?


ちょっと話が逸れましたが。


それにしても、金村かー。もちろん、実績は申し分ないし、怪我さえ治れば、ってトコなんやろうけど…。どうも、去年の『途中降板→監督批判』のイメージが強くて、あんまりいい印象ではないねんなー。まァ、下柳とかいるし、大丈夫だとは思うけど…。


とにかく、来シーズン、両選手と両球団にとって、「いいトレードだった」と言われるような活躍を期待したいです。中村も、金村も。
posted by あとむ at 00:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

RADIO CLASH!

というわけで、昨日は名古屋TIGHT ROPEでvickers。18時30分オープンの19時スタートの予定が、オープンからすでに30分押し。なんか、TIGHT ROPEでのイベントで、定刻どおりに行われた記憶がない…。それさえなけりゃ、いいハコなんですが。

でも、まァ、この日は3バンドのみやし、多少の遅れはさほど気にはならずに、まずは1組目のTHE BROTHELS。読み方は…ブロセルズ?よく分かりません。なので割愛(笑)。…いや、それほど悪くはなかったんだけどね。

で、2組目がDREX。9月の浜松以来かな、見たのは。相変わらずカッコ良かったんですが、まァ、客の大人しいコト。俺も大人しく見てたんで、文句は言えないですけど、もうちょっと盛り上がってもエエような気もするんやけどねー。こないだの浜松の時も、なんかちょっと…な空気やったし。12月のLAST TARGETワンマンにゲストで出るらしいんで、そんときは極力俺も頑張ります。

んで、トリがvickers。いやー、この日は凄かった。アンコールまで含めて、全部で15曲近くやったんじゃないかしら。しかも、個人的にも好きな曲ばっかりで、vickersベストを作るなら、この日のセットリストをそっくりそのまま使いたいぐらいの。

客の方もね、最初はやっぱり大人しくて、『おいおい、どうした名古屋?』ぐらいの感じやったけど、途中からは、なんかおかしな盛り上がり方してた。いい意味で、変な空間でした。それはもう、財布から札がばら撒かれるぐらいの(笑)

あとは、途中でチサトさんのベースのストラップが切れて、けっこう長い間中断したり、その間、ケンタさんがギターで『燃えよドラゴンズ』弾いたり、全体的な雰囲気は良かったなー。それは、vickersに限ったコトじゃなくて、DREXのときも。この辺の雰囲気の良さってのが、REDIO CLASHのエエとこなんやけどね。



てな感じで、昨日は終了。年内のvickersは…行けたとして、12/15のザーザーズーか…。んー、…まだ悩み中(笑)。
posted by あとむ at 18:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

複雑…

さっき書いた日本シリーズの件。

今朝の朝日に似たようなコトが書いてあったみたいで。

…なーんか複雑やなァ(笑)





さーて、いまからvickers行ってきまーす。
posted by あとむ at 17:57| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山井→岩瀬は是か非か?

なんか、すでに後出しジャンケンな感じのするタイトルの件ですが、阪神ファンの俺にとっては、中日が勝とうが日ハムが勝とうがどーでも良いんだけど、いちプロ野球ファンとして言うなら…



落合は最初っから『最後は岩瀬』と決めていた。

ただそれだけ。

それ以上でも、それ以下でもない。


完全試合目前だろうが、

マメが潰れていようがいなかろうが、

1-0だろうが10-0だろうが、

岩瀬がブルペンで怪我でもしない限り、最後は岩瀬。

それだけの話です。


肯定派の、『勝つ為の最善の策』とか、

否定派の、『夢もロマンもない』とか、

そんなものは、結果論や仮定の話でしかないわけで。


ただひとつハッキリ言えるのは、

あの状況でキッチリ3人で片付けた岩瀬が凄い。

あれでもし岩瀬がヒット1本でも打たれてたりしたら、

批判はいまの比じゃなかっただろうし。

まァ、だからこそ、の岩瀬なんだろうけど。


それにしても…

采配が的中して批判されるってのも珍しいね(笑)



しかし、ローテーションの巡り合わせに助けられたとはいえ、よくこんな強いチームに勝ち越せたなー。それでも3位に終わるところが、阪神らしいといえば阪神らしいんやけど。

ま、来年こそは。
posted by あとむ at 14:22| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。