2008年10月17日

韓国ツアー 〜後編〜

…昨日の続き。



リョーコさんが合流して、ようやくみんなも一安心。
トリのTHE DiSCLAPTiESも、めちゃめちゃカッコよくて、大盛り上がりで、まァ、いろいろあったけど、なんとか無事に初日のライヴが終了。
そのあとは、みんなで打ち上げに。

この時点で、リョーコさんの姿が見えないコトに気が付いてはいたものの、まァ、1人でホテルにでも帰ってるんだろう、ってな感じで、特に気にするコトもなく、この日もしこたま飲んで。

で、明け方近くまで飲んで、ホテルに戻って…

…リョーコさん、いねーじゃん。

…ま、まァ、そのうち帰ってくるだろうってコトで、とりあえず寝て。

朝起きて。

…いねーじゃん。

…ま、まァ、それでも、ホテルとかライヴハウスの場所は分かってるはず(ホントか?)だし、大丈夫だろう。

ってコトで、この日は昼飯にカムジャタン食って。
そのままハコに移動。
この日のハコは、日本のスタイルに近かったかな。
音もバッチリ。

で、THE DiSCLAPTiESのリハが始まって。
俺は外に出てブラブラしてたら、前日に知り合った韓国のコらとばったり会ったり、小一時間ほどフラフラしてからハコに戻ると…

…リョーコさん、再合流。

まァ、詳しい話は聞かなかった(コトにしておきます)けど、本人曰く、「めちゃめちゃパンクな夜を過ごした」らしいです。
ラヴホに泊まったとかなんとか。
詳しく知りたい人は、本人に直接聞いて下さいなw

この日のLAST TARGETはトリで。
そりゃ、前の日と比べたりしちゃいけないんだろうけど、やっぱりリョーコさんが入ると、迫力が違う。
まァ、リョーコさん自身も、みんなに迷惑かけてるって思いもあって、めちゃめちゃ気合入ってたみたいですけど。
や、でも、それぐらい、“出し切った感”に溢れてて。

ちなみにセットリストは…

…これまたうろ覚えw

「TUBE BABY」
「TOKYO SHAKEDOWN」
「THE SONG FOR TAIWAN」
「紅の志士」
「SUCIDE…」
「CONFESSION」
「MY LIFE MY WAY」
「BY UR GRACE…」
「DON'T SHINE YOUR BOOTS…」
「10YEARS UPSTARTS CREW」
「葛藤の日々」
「SHOULDER TO SHOULDER」
「THE HEAVY GATES」

…たしか、こんな感じだったような。
正直、順番はテキトー。
や、でも、大きく間違ってはいない。はず。

で、この日は焼肉で打ち上げて、そのあとは公園で朝まで飲んで。
そのままほとんど寝ずに空港向かって。
荷物預かってもらうのに手間取ったり。
今度はリョーマさんが若干行方不明になりかけたり。
まァ、いろいろあったものの。

無事、日本に帰るコトができました。

と、まァ、最初から最後までバタバタの韓国ツアーでしたが。
おかげで、めちゃめちゃ楽しい4日間を過ごさせて頂きまして。
韓国のパンクスも、エエ奴らばっかりだったし。

ホンマ、最高の韓国ツアーでした!










…と、実は、話はこれで終わらず。
日本に帰ってきてから、もっと大事件が…

帰国して、成田から東京に移動して、そこからさらに名古屋に帰るってコトで、さすがに家でメシ食う気力がなかったので、実家に連絡して、実家でメシを食わせてもらうコトに。

で、名古屋帰って来て。

実家に行ったら。

何故か妹がいて。

「おう、なにしてんねん?」

って聞いたら。










「離婚して、実家に戻るコトになったから」



だってさ。



やー、疲れも吹っ飛んだわさw
posted by あとむ at 00:54| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国へテコンドー合宿に行った時はラブホゃったなぁ*部屋に鏡4面*
Posted by 千羽鶴 at 2008年10月17日 03:10
>チバさん
さすが。韓国でも同伴っすかw
Posted by あとむ at 2008年10月18日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。