2008年10月30日

ドラフト前夜

さあ、いよいよ明日に迫ってまいりました、ドラフト会議。

まァ、今年は、去年の中田のような目玉もなく、マスコミ的には盛り上がりに欠けてるみたいですが。
ていうか、唯一の目玉と思われた新日本石油の田沢が、メジャー挑戦をブチ上げちゃったからね。
そっちの方にばっかり話題が行っちゃって、他の候補が話題に挙がるコトが、ほとんどなかったですから。

ただ、今年は高校、大学、社会人の分離もなく、さらには逆指名や自由枠もない、久しぶりに(一部例外を除いて)純粋なドラフト会議なんで、けっこう楽しみではあるんですよ。
各球団の補強ポイントやら、競合の可能性やら、ウエーバー順やら、いろんな要素と思惑とが絡み合ってますからねー。

そんな中。

田沢の離脱で今年の一番の目玉になりそうなのが、東海大相模の大田。当初は大学進学を表明してたものの、土壇場で一転、プロ志望届を提出。全球団が一気に興味を示しましたからね。
ただ、「巨人以外なら進学」という噂もチラホラ。
ソフトバンクあたりは強行指名しそうな感じですが。
同様に、「巨人以外なら残留」を表明してるホンダの長野も、どっか強行指名するのかしらね。
一部では、阪神が…って報道もあったけど、まァ、ないやろ。

あと、ピッチャーで人気が高そうなのが、近大の巽ですかね。横浜、楽天、西武あたりで重複しそうな気配。中日も絡んでくるかな?

ていうか、今年はホンマに予想が難しい。
100%確実って言えるのは、広島1位の岩本(亜大)ぐらいじゃないか?
それ以外は、まったく読めない。
抽選の結果にもよるだろうし。
2位以降はウエーバーだから、下位球団は多少のリスク(抽選)は覚悟で指名してくる可能性も高いし。
…ま、だから面白いんですけど。

で、肝心の阪神の指名はというと。

1位指名は、8割がた早大の松本で間違いないでしょう。左打ちってのが多少ネックですけど、「俊足強肩の外野手」ってのは、現時点での一番の補強ポイントですから。
残り2割の可能性としては、東洋大の大野かな。
ただ、キャッチャーはそれほど補強ポイント高くないし、上手くいけば松本を一本釣りの可能性もあるだけに、大野指名はないと思うんですけどね。

2位以下に関しては、もうひとつの補強ポイントである「先発完投型の左腕」を中心に、筑波大の坪井、享栄の八木、報徳の近田、NTT西日本の藤原、の中から2人ぐらい獲れたら上出来かな。

あとは、高校生野手を2人ぐらい指名できれば御の字。もし3位で大阪桐蔭の浅村が残ってれば指名してほしいけど…ムリだろーなー。

まァ、今年はある程度ドラフト戦略が明確ですからね。特に大きな目玉がない分、他球団の動向に惑わされず、狙った選手をキチッと指名できれば、それで十分だと思いますよ。

てなわけで。

一応予想。ていうか希望。

1位 松本(早稲田大)
2位 坪井(筑波大)
3位 浅村(大阪桐蔭)
4位 藤原(NTT西日本)
5位 藤井(加古川北)
6位 野原(富山)

さーて、どうなることやら。
posted by あとむ at 02:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108801979

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。