2008年05月24日

ファーム観戦

プロ野球の交流戦が始まり1週間が経過。各チーム4試合ずつ消化したところで、パリーグ15勝−セリーグ9勝と、まァ、予想通りの展開で。まだ4試合やから、なんとも言えん部分はあるけど、やっぱりパリーグの方が強いよなァ…。

そんな中。

今日はナゴヤ球場(ドームではない)に、2軍の試合を観に行きまして。

「昼から雨」の予報で、大丈夫かなーと思いながらも、なんとか持ちこたえるコトを期待しつつ、球場に着いたら、やっぱり降ってきて。ちなみに、阪神の先発は杉山。ファームに落ちても、相変わらずの、雨男(笑)

で、試合が始まって、1回のウラ。いきなり先頭の藤井に、先頭打者ホームラン。こんなところも、相変わらず(笑)

その後も、ワイルドピッチで点取られるわ、2死からピッチャーに四球出すわで、けっきょく5回を4安打4失点。ホンマ、今シーズンは、もう1軍での出番はないかもしれんな…。

打線は打線で、中日の佐藤充に、5回までノーヒット…。なんかもう、見てても打ちそうな雰囲気ないもんなー。大和にしても、野原にしても、素人目に見ても、スイングが鈍い。庄田ぐらいか?目を引いたのは。

それに引き換え、中日の若手は元気がいいもんなー。新井とか、堂上兄弟とか。雰囲気もあるし、打球も鋭いし。特に、堂上の弟の方。さすが、ドラフトで騒がれただけあって、モノが違う感じがした。杉山から打った、センターオーバーの三塁打なんか、打球の伸び方が2軍レベルじゃなかったもの。

それでも杉山以降は、6回オヘイダ、7回清原、8回辻本と、いずれも無失点。

オヘイダは、同じ育成選手で入団したバルディリスが1軍で活躍してる(今日スタメンでしたね)ってのもあるのか、けっこう気合が入ってる感じで。内容的には1安打1四球と、それほど良くはなかったけど、コントロールさえ身に付けば、って感じかなー。

清原は、ストレートも低めに決まってたし、フォームも素直やし、今日出たピッチャーの中では、一番良かったかも。ただ、ちょっと球が軽そうな印象。まァ、まだ高卒1年目やしね。これから足腰しっかり鍛えれば、って感じかな。

で、最後は辻本。15歳(16歳だっけ?)でドラフト指名されて、「ワンダーボーイ」と騒がれて。けど、2年目以降は怪我もあって話題にもならなくて。俺さえも「何してんねやろ、辻本…」って思ってたんですが、今日のピッチングを見る限り、どうやら順調みたいです。ただ、年齢的には高卒2年目、楽天の田中と同い年ってコトを考えたら、そろそろ上がってこないとねェ…。

試合の方はけっきょく、0−4の完封負け。打線も、6回以降は何度かチャンスもあったんだけど、最後の1本が出ず。まァ、2軍なんでね、勝った負けたで一喜一憂ではなく、たとえ負けても、打たれても、凡打しても、そこで何かを掴んでくれれば、それでいいんですけど。

それにしても、やっぱり2軍の試合は面白い。おっちゃんのヤジにも、愛情があるし(笑)。鳴り物の応援もないし、ホンマに「野球を観てる」って感じがするもんなァ。

明日の蒲郡も、行けたら行ってみよっと。
posted by あとむ at 23:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。