2007年11月30日

朝青龍と亀田大毅

今日、2人の謝罪会見が開かれたみたいですね。まァ、会見を全く見てないし、どんな内容だったのかも全然知らないんですが。



それにしても…



もういいんじゃね?



2人とも、(スポーツ選手として)公的な処分は受けてるんだし、それをさらに「謝れ謝れ」って。そりゃ、謝るべきところはキチンと謝らなアカンだろうけど、会見まで開いて、テレビカメラの前で、なんの利害もない記者に責められながらってのは…。



何をそんなに謝ってほしいんだか。



それでもまだ「謝り足りない」とかいうヤツも居るんだろうな。



…中国や韓国じゃあるまいし。



まァ、個人的には、一人ぐらいああいうのがいてもいいんじゃないかとは思いますけど。相撲にしてもボクシングにしても、自分の身体ひとつで頂点まで登りつめなきゃいけない世界なんだし。憎まれ役がいた方が、盛り上がるのも事実だしね。



もちろん、それ相応の実力も必要ですが。





いすれにせよ、これでとりあえずは一段落、かな。
posted by あとむ at 23:59| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

友人の結婚式にて

秋茜ライヴの翌日、先週の土曜日は東京で友人の結婚式でして。

結婚式といえば。

今年のアタマ、別の友人の結婚式で漫才を披露して、それはもう見事なまでのスベリっぷりで心がポッキリと音を立てて折れ、「二度とやらねェ」と、ここのブログで書いたコトを覚えている人もいるかと思いますが。

今回は、そのとき相方を務めた友人の結婚式で。これはさすがにリベンジというか、やらないわけにはいかないだろうってコトで、またもやネタを披露してまいりました。

前回は、完全な喋りの漫才で、ネタもゼロから作るという暴挙に打って出たため、上記のような結果になってしまったわけですが。今回はその反省も踏まえ、“インポッシブル”という吉本若手芸人のネタを完全にパクらせて頂きまして。

簡単に言えば、2mのカブト虫と闘いました。

前回は、ネタのスベリ具合も酷いもんでしたが、それよりも、途中で頭が真っ白になってネタを飛ばしてしまったコトが、心が折れる最大の要因になったわけですが。

今回はネタも短く、最初っから最後までミスがなかったので、俺的には大満足。「こーすれば良かった」とか「あーすれば良かった」とか、そういうトコがひとつもなく、“やりきった感”で心が満たされましたのでね。

ウケたかどうかは、別の話(笑)

まァ、もし映像が用意できるようなコトがあれば、このブログにアップしたいと思います。



さて、つぎは誰の結婚式でどんなネタをやろうかしらん。
posted by あとむ at 22:40| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

ああ、それと

橘いずみ(榊いずみ)さんが、第1子を出産されたそうで。





我が事のように嬉しいですね。





復活ライヴも待ち遠しいですが、しばらくは子育てに専念してほしいです。





子供が生まれたから、歌う曲とかも、また変わってくるのかな?





なにはともあれ、おめでとうございます。
posted by あとむ at 23:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

金、土、日と

仕事終わってー



秋茜のライヴ行ってー



打ち上げ参加してー



2時過ぎまで飲んでー



次の日は東京行ってー



友達の結婚式参加してー



またネタを披露してー



式に参加した友達と闇鍋やってー



いろいろ語ってー



楽しくて幸せな週末でした。



各々のレポは、また明日。





とか言いながら、明日はドラフトネタで(笑)
posted by あとむ at 23:25| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

鬼に笑われるのを覚悟で

来年の話です。でも、俺にとっては死活問題。


今日、ウチの会社の来年のスケジュールが出たんですが。

いままでみたく、自由に土曜日休めなさそう…。

てことは。

つまり。

東京のライヴに行きづらくなるじゃないかっ。


いや、まァ、行けるけどさ…。

新幹線とか使えばさ…。

新幹線…。

…。

…。

…高っ!


土曜が自由に休めるのが、いまの会社のエエとこやったのになー。



なんてこったい。
posted by あとむ at 01:13| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ビデオ判定導入?

またもや野球の話題です。すいませんね、ライヴがないと、他に書くコトないのよ…。ていうか、シーズンオフになってから野球の話題が増えるって、どーゆーコトよ?(笑)

ま、そんなコトはさておき。

メジャーリーグで、ビデオ判定の導入を検討していく方向で、話が進んでるみたいですね。いまのところ、ポール際やフェンス際の、ホームランか否かの判定に限るみたいですが。

まァ、日本でも微妙な判定があるたびに、ビデオ判定導入云々の話が出ているだけに、これがもし上手くいけば、日本でも…ってコトになっていくのは間違いないでしょう。

けど、実際問題として、上手く機能するかどうかは疑問。ホームランか否かの判定で、ポール際の打球なら問題ないんですが、フェンス際の打球となると、ややこしくなりません?

たとえば、フェンスを越えた(ように見えた)打球が、フェアグラウンドに跳ね返ってきた場合。そこでもし仮に、審判が「ホームラン」と判定したとしますよね。そうなると、打者走者はゆっくりホームイン。

が、相手チームのクレームによりビデオ判定すると、打球はフェンスを越えていない。てコトで、ホームランは取り消し。となると、打者走者の進塁はどこまで認められる?

…ってコトにならないですかね。

まァ、「その場合はエンタイトルツーベース」とか、細かく取り決めておけば良いんですけど、もしこれが、ホームラン以外の判定でも使われるようになると、もっとややこしいコトになりそうな気がして。

野球の判定ってのは、その判定によってプレーが止まるわけではなくて、その判定によって次のプレーが生まれる、いわゆる『流れの中の判定』ですから。いちいちビデオ判定して、判定がコロコロ変わるようなコトになると、ゲームとして成り立たなくなるんじゃないかと。

まァ、でも、ビデオ判定なんてもんが議論されるほど、野球の審判の地位もレベルも下がってるってコトなんですかね…。ただ、試合見てても、明らかに『匙加減』してる審判もいますし、仕方ない気もしますけど。

それでも、スポーツにおいて審判は、あくまで絶対的なものであるべきやと思うけどなァ。

もしビデオ判定が本格的に導入されるようなコトになったら、審判もストライキぐらいしたほうがいいんじゃないか?
posted by あとむ at 23:40| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

複雑…

さっき書いた日本シリーズの件。

今朝の朝日に似たようなコトが書いてあったみたいで。

…なーんか複雑やなァ(笑)





さーて、いまからvickers行ってきまーす。
posted by あとむ at 17:57| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山井→岩瀬は是か非か?

なんか、すでに後出しジャンケンな感じのするタイトルの件ですが、阪神ファンの俺にとっては、中日が勝とうが日ハムが勝とうがどーでも良いんだけど、いちプロ野球ファンとして言うなら…



落合は最初っから『最後は岩瀬』と決めていた。

ただそれだけ。

それ以上でも、それ以下でもない。


完全試合目前だろうが、

マメが潰れていようがいなかろうが、

1-0だろうが10-0だろうが、

岩瀬がブルペンで怪我でもしない限り、最後は岩瀬。

それだけの話です。


肯定派の、『勝つ為の最善の策』とか、

否定派の、『夢もロマンもない』とか、

そんなものは、結果論や仮定の話でしかないわけで。


ただひとつハッキリ言えるのは、

あの状況でキッチリ3人で片付けた岩瀬が凄い。

あれでもし岩瀬がヒット1本でも打たれてたりしたら、

批判はいまの比じゃなかっただろうし。

まァ、だからこそ、の岩瀬なんだろうけど。


それにしても…

采配が的中して批判されるってのも珍しいね(笑)



しかし、ローテーションの巡り合わせに助けられたとはいえ、よくこんな強いチームに勝ち越せたなー。それでも3位に終わるところが、阪神らしいといえば阪神らしいんやけど。

ま、来年こそは。
posted by あとむ at 14:22| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

また明日と書いてから

またもや放置(笑)。しかも、大したネタでもないのに。


朗読ライヴの翌日の出来事なんですが。


ホテルをチェックアウトして、南千住の駅の近くで朝メシを食おうと思ったら、どこもかしこも11時オープンで。仕方ないので、一旦東京駅まで移動して、地下街でなんか探そうと。

この時点で、かなり空腹だったし、最低条件として『ご飯おかわり自由』の店ってコトで探し始めて。しかし、これまたどこもかしこもお上品な店ばっかりで、どこにも自由がない。あァ、東京はなんて不自由な街なんだと呟きながら、とりあえず安くてボリュームのありそうな店に入って。

注文したのは『日替わりフライ定食』。当然のように「ご飯大盛りで」と告げると、「おかわりできますけども…」って。それならメニューに書いとけよ…。

まァ、でも、俺にとってはありがたい話なんで、「とりあえず大盛りで」と注文。出てきたのは、大盛りのご飯とカレーコロッケ2個、と、鮭のフライ1個。あとはサラダやら味噌汁やら漬物やら。

すでに時間が昼近くだったのと、店を探すのにけっこう歩いたのとで、いつも以上に箸が進む進む。しかも、コロッケもフライも味噌汁も美味いんだ、これが。

その結果。



……………



「おかわり下さい。大盛りで」



……………



「おかわり下さい。大盛りで」



……………



「おかわり下さい。大盛りで」



…大盛りで4杯も食べちゃった(笑)

たぶん3合はあったんちゃうかなー。

ひさしぶりに、お腹いっぱい食べました。って話。





オチ?ないです。
posted by あとむ at 22:57| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

王様のあなたを血祭りにあげる百の方法

こないだの土曜は、日本一のオサレタウン、代官山へ。KING BROTHERSってバンド主催の、『王様のあなたを血祭りにあげる百の方法』ってイベントに、我らが三代目魚武濱田成夫船長が出演するってんで行ってきました。

いつものように、ぷらっとこだまで東京行って、南千住のホテルにチェックインして、地下鉄で代官山へ。

その車中。

途中、お父さんに連れられた幼稚園ぐらいの女の子、エリちゃん(仮名)が乗ってきて。2駅ぐらい進んだトコで、今度はお母さんに連れられた、これまた幼稚園ぐらいの女の子、チカちゃん(仮名)が乗ってきて。この2人のバトルが凄かった…。

エリちゃんはお父さんと椅子に座ってて、それを見つけたチカちゃんが、まずエリちゃんに向かってメンチ切りまくって。エリちゃんは気付いてるんだろうけど、ガン無視。それでも、一定の距離を保ちながらエリちゃんの周りをウロウロしつつ、なおもメンチを切り続けるチカちゃん。そのうち、手に持った折り紙でチカちゃんが挑発。小型のライトで応戦するエリちゃん。もう、地下鉄車内は一触即発。

いやー、東京の女って怖いわァ(笑)

けっきょく、最終的にはエリちゃんが歩み寄る形で和解が成立。チカちゃんも、和解の証としてお気に入りの折り紙をチカちゃんに進呈。一滴の血も流すコトなく、平和的解決に至りました。

あの2人は大物になるね。


ずいぶんプロローグが長くなりましたが。

今回の会場は代官山UNIT。初めて行くとこやったけど、それほど迷わずに到着。着いたらすでに入場が始まってて。正直、魚武さんさえ見れたらいいやと思ってたんで、入り口で出演の順番を確認しようとしたら、『教えられません』て…。仕方ないので中へ。

中に入ると、フロアがけっこう広めなのもあって、まだスペース的には余裕がある感じで。ただ、サンボマスターとかも出るし、けっこうキツキツになりそうな感じだったので、ドリンク飲んだら、とりあえずフロアで待機。流れ的に、魚武さんは1番目かラストだと思ってたんでね。けっきょくラストでしたが。

で、まず1組目がTUCKER。ジャンル的には、DJっつーかテクノっつーか、代官山らしいオサレな感じで。「あー、ちょっと受け付けない感じやなー」なんて思ってたら、途中からのパフォーマンスは凄かった。完全にブチ切れてました。俺の見間違いでなけりゃ、完全にジッポオイル飲んでました。そーゆーのは、嫌いじゃない。

2組目がサンボマスター。…は、人がいっぱいやし、それほど見たいわけでもなかったので、休憩室へ退避(笑)

3組目が、イベンターのKING BROTHERS。いちおー、フライヤーには『ハードコアブルース』って書いてあったけど…どうなんでしょ?なんかちょっと掴み所のない感じやったなー。もうちょっと小さいハコなら、もっと盛り上がるような気もするけど。パフォーマンス自体は、嫌いじゃないです。

で、ラストがいよいよ魚武さん。エエ、そりゃもうカッコよかったですよ。恐らく、客の半分以上は魚武さんのコト知らんかったと思うけど、途中からは一体となって大盛り上がりで。「チャンピオンはすてるなよ!」とか、「ごろごろしたい!」とか、「俺ミファソラシドー」とか、「ビクともしないしたおれない!」とか、もうみんな叫びまくってたし。

で!今回!なんと!念願の詩集キャッチに成功!…って、なんのこっちゃ分からん人のために説明しますが、魚武さんは詩を1つ読むたびに、詩集を客に向かって投げるんです。ギタリストがピックを投げるように。なので、魚武さんの朗読ライヴは、その詩集をキャッチできるかってのもひとつの楽しみなわけで。

で!今回!『空からみれば にんげんが空かもな』を読み終わったあとに投げた詩集が、ちょうど目の前に!そりゃもう、必死で腕を伸ばしましたよ。ちょっとファンブルしかけたけど、なんとかキャッチして。…まァ、すでに持ってる詩集やし、そない必死にならんでもエエっちゃエエんやけど、やっぱり1回ぐらいはね。

最後は、『ほんとの1』をみんなで叫んで終了。終わってから、KING BROTHERSのメンバーがステージで挨拶してたけど、どうやら高校生の頃から魚武さんのファンみたいで。挨拶しに出てきたときから、感極まってたのか、号泣でした。…素晴らしい情熱やねー。



…もうちょっとネタあるけど、それはまた明日ー。
posted by あとむ at 01:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

石垣島レポ

てなわけで、20日から22日まで石垣島に行ってきたわけですが。遊びではなく仕事で、ってのはウソではなくて、CS特別体験研修会ってのに参加してきたんです。

まァ、平たく言えば、CS、つまり、Customer Satisfaction(=顧客満足度)の高い施設を視察・体験して、そこからマーケティング戦略なんかを学ぼう、ってのが名目でして。…とはいえ、『視察・体験』ですから、ただひたすらに楽しんできただけなんですけど(笑)

で、まず初日に泊まったのが、『クラブメッド・カビラ』。世界中のリゾート地にバカンス村を展開するクラブメッドの、カビラ・バカンス村。ここの何が凄いって、オールインクルーシブっつって、旅行代金に、滞在中の食事代からドリンク代から施設利用料まで含まれてるから、何をするにも全部タダ。おかげで、たらふく食って、しこたま飲んで、ひたすら遊んで、それでも1円も使わなかったし。

…まァ、でも、今回は会社の経費で行ったからエエけど、もし自分のカネで行ったら、『ボーっとしてたら損!』みたいな感じで、あんまりノンビリできそうにないなァ、なんて思ったり。それに、ずーっと施設内にいたから、『わざわざ石垣島じゃなくても…』っていうのもあるしね。ただ、海はウソみたいにキレイでした。

2日目は、午前中はひたすら講演。クラブメッド副社長や、石垣自然観察の会会長、石垣島商工会事務局長の話を3時間ほど聴いて。この3日間で、唯一仕事らしいコトをした3時間(笑)

午後からは、“視察”という名の、石垣島観光名所巡り。御神崎やらマングローブ湿地やら森林公園やらを見て回って。観光客や移住者を呼ぶための開発もエエけど、それと同時に、石垣島の貴重な自然がどんどん破壊されてる現状。全国どこの観光地でも抱えているジレンマなだけに、石垣島だけを見てどうこう言えるほど、簡単な問題でもないんやけどねェ…。

その日の夜は、全日空ホテルで1泊。

最終日は、朝からクルージング&シュノーケリング。実は、シュノーケリングって初めてやったんですが、そらもうビックリですよ。海はキレイし、見たコトない魚がうじゃうじゃ居るし、珊瑚礁もめちゃめちゃキレイし。潜って2秒でテンションMAX(笑)。あんなけ凄かったらね、下手に開発なんかせんでも、勝手に人集まるっちゅーねん。そらみんな石垣島行きたい言うわー、って感じで。

で、終わったあとはホテル戻って昼メシ食って、全てのプログラムが終了。無事、名古屋に帰ってきました。



あー、また行きてー。
posted by あとむ at 17:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

明日から石垣島へ

行ってきます。





遊びじゃないです。



仕事です。





2割ぐらいは(笑)
posted by あとむ at 23:59| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

詳しいレポは、また後日

磐田!
磐田!
下北沢!



てなわけで、この週末3連休、ガッツリ楽しんできました。

最近ブログ更新してないので、こういうのだけでも書いとかないと。

詳しいレポは、また後日。

その理由は…。





また明日。
posted by あとむ at 23:44| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

白馬キャンプ〜キャニオニング編〜

2日目の朝。何故かみんな、健康的に6時ごろ起床。顔洗ったり歯ァ磨いたりしてから、7時オープンの温泉でひとっ風呂。帰りにコンビニで朝メシ買って、バンガロー戻って朝メシ食べて、二度寝(笑)。俺はCD聴きながら踊ってたけど。

10時過ぎに1人合流して、いよいよ今回のメインイベント、キャニオニングへ。

今回お世話になったのは、白馬樅の木ホテルに隣接する、Evergreen Outdoor Centerってトコで。キャニオニングのほかにも、ラフティングやらカヌー&カヤックやらが楽しめる施設。キャニオニングは、1日コースと半日コースとがあって、俺たちが挑戦するのは半日コース。

ちなみに。俺はこの日まで、キャニオニングってのが何なのか、あまり分かってなくて。それが証拠に、ちょっと前のブログに“キャニオリング”って書いてるし…。まァ、簡単に言えば、身体ひとつで滝つぼに飛び込んだり岩肌を滑ったりしながら進む、渓谷下り、ってトコでしょうか。

受付を済ませて待つコト1時間。ガイドさんの指示に従って、ウエットスーツやらヘルメットやらを準備して。ちなみに俺の装備品、靴やスーツはけっこうエエ感じのを渡されたんですが、何故か手袋だけが穴だらけ。指先とか、ほとんど素手に近い状態。

この日のグループは、俺たち9人の他に、カップルが1組と、親子連れが1組の、計13人。装備品を装着して車に乗り込み、道なき道をガタガタと進んで、スタート地点に到着。

…と思いきや、そこからまた20分ぐらい歩いて。まだ何も始まっていないうちからすでに汗だくになりながら、ようやくスタート地点。

ガイドさんの説明を聞いて、いよいよ出発。そこから先は、水の中を歩き、泳ぎ、岩肌を滑り、滝つぼに飛び込み…、もう、言葉では言い表せないぐらい楽しかったです。太陽に光があまり当たらなく、水も冷たくて、思った以上に寒かったけど、途中からはそんなコトを感じさせないぐらいに。

ただ、途中、ロープにフックを引っ掛けて20mぐらい滑り降りていくトコがあったんやけど、勢いよく飛び出したら、左肘を岩にしこたま打ち付けまして。ガイドさんにめちゃめちゃ心配されました。『絶対に岩にはぶつからないから』言うてたのに…。

それより今回凄かったのが、一緒に回った親子連れ。の、子供。まだ10歳で、ニックネームで“スター”って呼んでてんけど、このスター君がとにかく凄かった。滝つぼに飛び込んだりも、若干ビビってる大人たちを尻目に、先頭でどんどん挑戦するし。なにより、運動神経もバツグンで。スター君に全員が引っ張られてる感じで、なんとも頼もしかったなァ。

ちなみに、このスター君。キャニオニング終わってからみんなで喋ってて、『将来の夢は?』って訊いたら、『機械を直す人』って。アレだけの運動神経なのに、勿体無いなァって思ってたら、どうやら、お父さんの職業が『機械を直す人』らしくて。もうね、そのときのお父さんの嬉しそうな表情といったら…(笑)。他人事ながら、素敵な親子の絆に、こっちまで暖かい気持ちになっちゃいましたよ。

キャニオニング終了後は、温泉入って、蕎麦食って。時間も19時を回ってたので、名古屋組と関東組は、ここで解散。来年は、キャニオニングの1日コースか、パラグライダーに挑戦しようってコトで。楽しかった白馬キャンプも、これにて終了。


…と思いきや、こっから先がまたちょっと大変でして。というのも、名古屋出発組のうちの1人が、京都から来てて。名古屋から京都に向かう最終の新幹線が、22時57分。ナビの計算によると、名古屋駅到着予定時刻が23時40分…。

いや、もう、飛ばしましたよ。中央道を、平均120km/hで飛ばして法定速度ギリギリで飛ばして、運良く渋滞にもつかまらず。最後の不安だった名古屋市内も、日頃の営業活動で培った裏道情報を駆使して、なんとか22時半には名古屋駅に到着。いや、もうね、この最終の新幹線に無事に間に合わせたってのが、今回のキャンプでの俺の、唯一で最大の大仕事でしたね。


今回のメンバーでのキャンプは、これでもう6回目(?)だったけど、いままでで一番楽しかったかもなー。いろいろ初めての体験もしたし。また来年もキャンプ行くやろうけど、来年も楽しいキャンプにできたらエエなー。


以上!
posted by あとむ at 00:49| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

白馬キャンプ〜BBQ編〜

陶芸が終わったあとは、木崎湖キャンプ場へ。バンガローに荷物だけ整理して、買出し班と準備班に分かれる。ちなみに俺は準備班。

炭やら着火材やらいろいろ借りて、まずは火の準備。ていうか、今回使った着火材が、まァ優れもので、あっという間に火の準備完了。むしろ早すぎて、買出し班が帰ってくる前に、炭火のピークが過ぎてしまうぐらいの勢いで。

しばらくして、買出し班が到着。…ていうか、買いすぎ(笑)。肉や野菜や酒に関しては、まァいいとして、なにせお菓子が多い。…まァ、エエんやけどね。腐るもんちゃうし。

とりあえず、炭火はピークをとうに過ぎてるので、急いで野菜を切ったり肉を切ったり下準備して。いきなり焼きそばからスタート。しかも、野菜炒めて、麺投入して、最後に豚肉をぶち込むという、デタラメな手順(笑)。美味かったからいいんですけど。

そのあとは、焼いては食いーの、食っては飲みーの、飲んでは焼きーの、の繰り返し。エエ感じに腹も膨れて酔いも回ってきたところで、あちこちで『30代しゃべり場』が展開されて。…まァ、主に恋バナっつーか、結婚がどーとか、そんな話ばっかりでしたが。

…そんなお年頃なのよ。

ひととおり食い終わったところで、後片付けして、バンガローに戻って、『30代しゃべり場リターンズ』(笑)。しかも、大して話の内容は変わらず。ちょっと前までは、仕事の話とかが多かった気がするけど、やっぱりみんな同い年で、節目の年を迎えてるだけに、いろいろ考えてるんやねー。

…俺もですけど。

そのあとは、みんなでお気に入りの曲を持ち寄って、『誰が一番センスが良いか大会』を開催して。俺はLAST TARGETの『The Song For Taiwan』で勝負して、見事1位を獲得。…まァ、みんな1977年生まれだしね。その一節だけで勝ち取ったようなモンですが。

あとは、グダグダ音楽聴きながら喋って、2時半ごろ就寝。

明日はいよいよキャニオニング。


…まだまだ続くよ。
posted by あとむ at 23:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

白馬キャンプ〜陶芸編〜

こないだの土日、長野の白馬までキャンプに行ってきまして。


まずは土曜。名古屋出発組と名駅で待ち合わせ。今回のキャンプの予定としては、土曜の13時からキャニオニング、夜はBBQで、日曜に陶芸、って感じで。ところが、名駅に着いた途端、関東出発組から電話があって、『渋滞にはまってて遅れそう…』とのコト。

まァ、それでも『なんとかなるやろー』と、とりあえず名古屋組も予定通り出発。こっちは渋滞もなく、快調に白馬へと向かう。…が、またもや関東組から連絡が。『到着が15時ぐらいになりそう』って…。

仕方ないので、関東組の幹事がいろいろ手を尽くしてくれた結果、キャニオニングを日曜の13時からにして、陶芸を土曜の15時半からに変更するコトに。当日いきなりの予定変更に応じてくれたコトにも、幹事の手際の良さにも、感謝。しかし、いきなり出鼻をくじかれるとは…。

名古屋組は、予定通りに白馬到着。関東組を待つ間、道の駅で昼食を食べ、自然体験村みたいなトコをブラブラして、それでもまだまだ時間が余ったので、暑さに屈してガストでまったり(笑)。

けっきょく、関東組とは14時過ぎに合流。なかには、会うのが2年振りのヤツとかも居て、しばらくガストでまったり過ごして、陶芸体験へ。


今回お世話になったのは、白馬の『黙土』ってトコで、気の良さそうなおっちゃんが先生で。実は陶芸初体験で、しかも、小学生の頃の図工の成績が2と3を行ったり来たりの不器用さ。最初はめちゃめちゃ不安だったけど、徐々に慣れてくると、これがなかなか面白い。

まず最初は、ちょっと大き目のマグカップを作ろうとしたんだけど、途中から自分が何を作ってんのか、自分でもワカランようになってきて(笑)。最終的には、けっきょく何に使ったらエエのか分からんような器が完成。…まァ、コーヒーを入れて、飲めなくも、ない。

で、余った土で、今度は“ぐい飲み”を作るコトに。これはもう小さいから、少しずつ少しずつ、丁寧に丁寧に作っていったら、意外や意外。なかなかエエ感じに仕上がりまして。やっぱアレやね、こういうもんは、細かいトコまで丁寧にやらなアカンね。

焼き上がって、手元に届くのは一ヶ月ぐらい先になるみたいやけど、マグカップはともかく、ぐい飲みの方は、いまから楽しみ。…いま思えば、そのぐい飲みで飲む用の酒を、お土産で買っとけば良かったなァ…。


…続きはまた明日。
posted by あとむ at 23:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

無事に終了

…とはいえ、俺の身体はボロボロですが(笑)



まァ、祭が無事に終われば、怪我の一つや二つ、どってコトないですけどね。



今年は、自分の中でも、かなり納得のいく祭になったし。



ホント、つくづく桑名っ子で良かった。



来年の祭に向けて、また明日から頑張ります。
posted by あとむ at 02:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

明日から祭!

さて、今年も祭の季節がやってきました!



明日から(正確には、土曜日の午前0時から)、桑名の石取祭が始まります。



飲んで吐いて歌って飲んで吐いて踊って飲んで吐いて騒いで、の3日間。



ボロボロになるまで、燃え尽きてきます。



お暇な方は、『天下の奇祭』を是非体感しに来て下さいな。
posted by あとむ at 23:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

放っとくとまた延び延びになりそうなので

昨日の続き。ってか、書ききれなかった話。ってか、あまりにも長くなりそうなので敢えて書かなかった話。


まず、天野さんのアルバム『ウマ・サーモン』。昨日、“Newアレンジ新録音カップリングベスト”って書き方をしましたが、実は買ってない(笑)。だって、通販限定やし、3000枚限定(けっきょく完売したらしい)やし、なにより、『Newアレンジ言うても、ちょっとイジるだけやろしなー』みたいな気持ちがあったので。

が。Sに借りたやつを今日聴いたら、めちゃめちゃ良い!全部の曲が、イントロ聴いただけではどの曲かワカランぐらいのアレンジやったし、またそのアレンジも、エエ味出してるし。やっぱり買っときゃよかったなー。


次に、『つぼ八』での話。店内のBGMが70年代〜80年代のヒットパレードやってんけど、それを聴きながら、前にテレビでやってた話を思い出して。昔は、歌詞に出てくる二人称は圧倒的に『あなた』が多かったけど、最近は圧倒的に『キミ』が多い、とか。

その話の流れで、応援歌的な歌詞は、昔は『頑張れ頑張れ』っていうのが多くて、いまは『一緒に頑張ろう』みたいなのが多い、っていう話にもなって。じゃあ、次はどんな歌詞が流行るのかってのを、Sと2人で話し合った結果、

『俺は、頑張ってる。オマエラは、頑張ってるか?』

という、三代目魚武濱田成夫方式が流行る、ってコトで決着。やっぱりね、歌ってのは、聴く人を癒したり励ましたりするんじゃなくて、聴く人をぶちのめすぐらいの勢いがないと。


あと、驚いたのが東京の改札!いや、熱海駅の駅員にもある意味驚いたけど、それよりも驚いたのが、Sが改札を入るときに、切符を取り忘れたんですね。で、名古屋だったら、その取り忘れた切符を取り除かないと、次の人が通れないんですよ。

ところが。駅員さんに『切符取り忘れたんですけど…』って言うたら、なんや改札の側面をゴソゴソ開け始めて。『いやいや、そんなトコにないやろー』って思ってたら、駅員さんが『これですか?』って…。

いや、もう、ビックリですよ。もしかして、アレですか?東京では人が多いし、切符の取り忘れなんかでいちいち人の流れを止めてられへんから、取り忘れた切符は自動的に引っ込むようになってるんですか?それとも、全国的にそうなんですか?俺が無知なだけですか?ともかく、あんな風になるなんて、初めて知った…。


あとは、電車でメガネを逆さまにかけてるオッサンを見たとか、ホテルのフロントの人が何故か作業着やったとか、泊まったホテルの近くに『ん』って名前のスナックがあったとか、サンシャイン池袋の中にあったレストラン街の名前が『クオーゼ』という流行最先端都市東京にあってはならないネーミングだったとか、まァ、いろいろあったんですけど、めんどくさいので、もういいや(笑)


またなんか思い出したら、書きます(たぶん書かない)
posted by あとむ at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

九州レポ〜最終章〜

…つっても、大して書くコトないけど(笑)

朝起きて、さすがにこの日は、パン5個しか食べられず。チェックアウトを済ませ、レンタカーを返して、とりあえず博多駅へ。

と、ここで、台風は過ぎたはずなのに、なぜか大雨が。帰りの新幹線までの時間を、昨日行けなかったシーホークホテル周辺で潰そうかと思ったけれど、雨の中歩き回るのも鬱陶しいので断念。代わりに、キャナルシティで時間を潰すコトに。

かといって、特に見たいものがあるわけでもないので、ホンマにひたすらブラブラと。ただ、まだ博多ラーメン食べてなかったので、昼メシは、キャナルシティの中にある『ラーメン共和国』(だったかな)で食べようと。

ところが。何処も彼処も満席で。8店舗ぐらいあったと思ったけど、どの店も、かなりの行列。新幹線の時間もあるし、あんまり長い時間並んでまでラーメンってのもなー…ってコトで、地下にあった、長崎ちゃんぽんのお店に。

この店は比較的空いてて、それが逆にちょっと不安にもなったりしたけど、そこそこヒット。ちゃんぽんとか、焼きラーメンとか、餃子とか、いろいろ食べたけど、どれもなかなか美味しかった。

食い終わったら博多駅に戻って、1時間ほどお土産を物色して、帰名。んで、一旦家に荷物だけ置きに帰って、そのままの足でvickers@クアトロへ。

クアトロに着くと、ちょうどLINKが終わるところで。LINKの次が、vickers。まァ、あらかじめ出演の時間聞いてたから、その時間に合わせて行ったんだけども。

転換のスキに、チバさん発見。九州の報告とか、いろいろ情報交換して。ていうか、福岡がどーのとか、東京がどーのとか、傍から聞いてたら、『オマエラ一体、何処に住んでんねん』って感じの、オッサン2人の会話。

そうこうしてるうちに、いよいよvickers。

vickersは、半年振りの復活ライヴ。休養に入る前、最後のライヴ(だったはず)のキングコブラも見に行ってたから、俺にとってもちょうど半年振り。ドラムが替わっても、半年振りでも、やっぱりvickersはvickersで。新しいドラムのタカオさんが、元々名古屋でバンドやってたってのもあって、客の反応も最高だったし。ただ、さすがに俺は疲れが溜まってたので、大人しめでした(笑)

そんな状態だったので、vickersが終わると、最後まで見ずにそのまま帰宅。これでようやく、長い長い3日間が、終了。



…てな感じでした。ていうか、帰ってきた日から、もう10日も経ってるし(笑)。ところどころ記憶も曖昧だし、なにより、時間が経ちすぎて新鮮味がないから、我ながら、つまらないレポになってしまった…。今度からは、すぐ書くようにします。



とかなんとか言ってる間に、今週末は東京で天野月子のライヴだー。
posted by あとむ at 00:01| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。