2007年01月07日

撃沈…

先日書いた、秋茜ヨーロッパツアーのための休日申請ですが、やはり、なかなか良い返事はもらえず…。

話の切り出しはね、けっこうスムーズだったんですよ。ひょんなコトから、『そういえば去年、台湾でライヴ見るために会社休んだよねー』ってな話になったんで、話をするならここしかない!って感じで、『そうなんすよー。ちなみに、今年はロンドン行こうと思ってるんですけどねー』って切り出したんですが、敢え無く却下…。

正確に言えば、『そのときの状況見てから』ってコトだったんですが、そんなん、いつになったら状況が見えてくんねんっちゅう話で。こうなったらドタキャン覚悟で、航空券とホテルだけ押さえとこうかしら…。

まァ、もともとね、そんな簡単に休みが取れるとは思ってないですから。とりあえず、『そういう計画がある』って話ができただけでも合格でしょう。なんの前フリもなしにいきなりってのは、さすがに厳しいですし。

しかしなー、本音を言えば、もうちょっと場の空気が暖まってから話を切り出したかった…。けっこう早めというか、始まって20分ぐらいでそういう話になったからねー。ホンマは、1時間ぐらい飲んで、エエ感じに酔ってきたところで話をしたかってんけど。まァ、でも、あのタイミング逃すと、最後まで言えそうになかったから仕方ないですが。

とりあえず、3月までは仕事頑張ります。
posted by あとむ at 18:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

新年会

昨日は京都で大学時代の同級生と初詣に行き、夜は大阪で後輩たちも含め、総勢16名で新年会。正直、今朝の今朝まで大阪で飲んでて帰ってきたトコなんで、こんなん書いてる場合じゃないぐらい眠たいんですが(笑)

初詣は、大学時代を懐かしもうってコトで、伏見稲荷へ。はい、そこ、どこの大学だか詮索しないように。今年も御神籤ひいたけど、今年は『末吉』でした。細かい内容も、大したコトは書いてなかったし。まァ、何もないってのが一番なんですけどね。

で、そのあとは、大学をちょっと見学して。…つっても、正月なんで開いてるわけもなく、門の外から眺めただけなんですけど。いや、でも、それでもずいぶん変わってたなァ。卒業してから6年やもんなァ。

夜は夜で、後輩たちと合流したけど、人間はあんまし変わってなかったなァ。ちょっと太ってたりとかがあったぐらいで、老けたとか、そんなんは全然なかった。…まァ、まだまだ老け込むような年でもないんですけど。しかも、『変わってなかった』とか言いながら、ほとんど名前覚えてなかったり。ま、6年振りですから。仕方ない。うん。

ただ、飲み会はかなりアツかった。主に恋話というか、大学時代には到底喋れなかった話の大暴露大会みたいになってたし(笑)。…まァ、みんな若かったですから。そりゃ、いろいろありますよー。

まァ、しかしアレだね。高校以前の友人が1人もいない俺にとっては、大学時代の友達ってのは、現時点で一番付き合いの長い友達になるわけで。そういう意味でも、なんていうか、会ったらやっぱりホッとするね。今年は出会ってちょうど10年になるってコトで、なんやいろいろ計画も立てたんで、今年はなにかと、楽しみです。
posted by あとむ at 11:06| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。


さて、年明けの瞬間ですが

『ガキの使い』見てたら

いつの間にやら2007年になってました。


同志求ム。


さて、いまから

初詣がてら

昨日の大掃除で割ってしまった

電球のカバーを買いに行きます。


…ハンズとか開いてるかしら?


それにしても

ひさびさに千原兄弟のネタ見たけど

やっぱオモロイなァ。


というわけで。


今年も宜しくお願い致します。
posted by あとむ at 11:24| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

大晦日

さて、日も変わり、今年も残すところあと22時間弱。

明日は大掃除やら何やらで恐らく更新できないので、これが今年最後の更新かな。

今年もホンマ、いろんな人にお世話になりました。

おかげ様で、とても充実した365日だったと思います。

来年もまた、宜しくお願い致します。



それでは、良いお年を!
posted by あとむ at 02:06| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

雪のち、晴れ

いま、なんとなく明日の天気が気になって。



天気予報を調べてみたら…



『雪のち、晴れ』



雪、ですか…?



ゆ、ゆ、ゆ、ゆ、雪ィィィィィィ???



えっと、今日とか、けっこう暖かかったんですけど…。



今日より10℃近く寒くなるのかい?



暖かくて年末っぽくないとは思ってたけどさァ。



なんつーか、こう、アバウトな部分って必要やん?



メリハリがあるのもいいけどさァ。



限度を知りなさいよ。



てなわけで。



全国的に冷え込むみたいなんで、みなさん気をつけて。





若干話は逸れますが。



今日、一寸遅めのクリスマスプレゼントが届きました。



明日はこれ着て、出ェ掛けよォーっと♪
posted by あとむ at 00:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

しゅーりょー

今日のVICKERS@クアトロは、案の定、仕事で行けず(泣)



今年最後のミーティングだからって、1時間半もやらんでエエやん…。



それでも行ってやろうかとも思ったけど、明日も早いのでね。



そんなわけで、今年のライヴは、これにて終了。



とりあえず今日は、大人しく寝ます…。











…あれ?もしかして、30日の中野、行けるんじゃね?(笑)
posted by あとむ at 00:37| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

年末モード

今年も、残すところ1週間余りとなりました。


明日は、東京でVICKERSのライヴ。


おそらく、今年最後のライヴになるんじゃないかと。


25日も行くつもりやけど、仕事が終わりそうにないので…。


ここにきて、いろいろトラブってるし…。


おかげで今日も、労働基準法完全無視の残業に…。


一度でいいから、ボーナスほしいなー。


…っと、愚痴はよくないですネ。


そんなわけで、明日のVICKERSは、ガッツリ燃えてきます。


その前に、新宿のWINSで有馬の馬券でも買おうかしらん。


どうか、高速が混みませんように…。
posted by あとむ at 01:44| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

昨日の記事に関する補足(もしくは蛇足)

NHKってのは“国営”とはいうものの、別に国が管理してるわけではなく、NHKの職員もいわゆる“公務員”ではなく、ただのサラリーマン。


つまり、財源が民放のような企業スポンサーではなく、国民の支払う受信料によって賄われているから、“国営”と呼ばれているにすぎない。


なので、国民にはNHKという放送局を維持する“義務”などなく、極端な話、国民が『NHKなど必要ない』と思えば、受信料を払う必要はない。


それどころか、むしろ受信料を払うか払わないかを決める“権利”が国民に与えられていると考える方が妥当で、受信料未払いは、決して罪ではない。


NHKの番組を見て、NHKが必要だと思えば受信料を払えばいいし、NHKは必要ないと思えば、受信料を払う必要はこれっぽっちもないんです。


俺は、中国に媚売って真実を伝えない報道姿勢と、自社の汚いところをひたすらに隠そうとする経営姿勢に賛同できないから、払ってない。



さて、みなさんはどうですか?
posted by あとむ at 02:11| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

ついに来た!

今日、仕事から帰ってくると、ドアんトコにこんな紙が挟まってました。



NHKです。いつもお世話になっております。

こちらのご住所でまだNHKへのお届けをいただいていないようですので、お伺いしました。

NHKは皆さまからいただく受信料だけで運営する「公共放送」です。
受信料はテレビをお持ちの方から公平にいただくよう、法律で定められております。(「放送法」)
この放送法は日本の放送文化の向上と発展のために定められた法律です。私達はこれに則って「公共放送」でしか出来ない公平で質の高い番組作りを心がけています。
また受信料は、未来を担う子供たちに必要なNHKの番組を送り届けるための財源でもあります。
このことを皆さまにご説明申し上げ、ご理解いただくことが私達のつとめです。




いやー、笑止千万、なかなかに片腹の痛くなるような御託が並べられてますコトで。『公平で質の高い番組作り』?『未来を担う子供たちに必要なNHKの番組』?…どこがですか???

こないだ知ったんですけど、NHKの受信料って、テレビ持ってるだけでも払わないとダメなんですってね。『見てないから』ってのは理由にならないそうで。もっと正確に言えば、テレビじゃなくて、受信機。つまり、ワンセグ携帯とか、テレビチューナー付カーナビとか、そういうの持ってるだけでも、受信料支払いの必要があるんだとか。

てコトはですよ。電気屋さんとか家電メーカーが、知恵を絞って新しい製品開発して、宣伝やら広告やらに苦労して、一生懸命努力してテレビ1台売ったら、何もしてないNHKが『受信料払え』って…どう考えてもオカシイでしょう。ホンマ、どんな殿様商売やねん。

そうそう、NHKの殿様商売で思い出したけど、こないだ、紅白歌合戦の出場歌手が決まったじゃないですか。で、今回、スガシカオとか徳永英明とか今井美樹とかが初出場で、俺も『へぇ〜』とか思ったんやけど、それの報道の仕方が酷かった。『歌唱力が認められての初出場となりました』とか、完全に『出場させてやる』って感じの報道。

まァ、別に俺はその3人のファンでもなんでもないからエエねんけど、誰がどう考えたって、いままで出場要請を断られてきたのは明白じゃないですか。それをなんか、今回ようやく“認めてやって出場させてやる”みたいなね。ホンマ、何様やねんって感じでしょう。

話を受信料に戻しますが、けっきょくそういう『殿様商売気質』が抜けてないから、受信料の義務化なんて話も出てくるんでしょうね。

だいたいね、俺がいまの家に引越してから、もうすぐ1年経つんですよ?この1年間、まったくなにも音沙汰なかったのに、いまになっていきなり『払え』ってのも、なんかおかしな話で。

もしかしたらアレですかね。2008年に控えた北京オリンピックの放映権獲得のために、莫大な資金が必要なんですかね。なんせ、実質の放映権料以外に、あれやこれやの隠ぺい工作やらにも、莫大な資金が必要になってきそうな気配ですから…。『中国様!なんとしてでも、北京オリンピック成功させましょうね!』ってな感じで…。

さて、NHKの集金の方、今度はいつ来るんやろ…?
posted by あとむ at 01:08| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

風邪ひいてました

エエ、過去形です。なんとか復調いたしました。

とはいえ、ノドと鼻が軽くヤラレただけなんですけどね。今年の風邪は胃腸風邪だって聞いてたから、もともとそんなに胃腸の強くない俺は人一倍警戒してたんだけども、結局、ノドと鼻だけで済んで。でも、ヒドイ人になると、上から下からとんでもないコトになるらしいので、これから風邪をひく予定の方々は、ご注意を。

しかし、齢三十も近くなると、自分の身体には慎重になりがちで。ちょっと前までは、風邪ひいても『放っときゃ治るー』てな感じで、多少の無理もできたもんですが、ここ最近は、すっかり弱気で…。この1週間は、タバコも喫わず、夜も12時には就寝してました。おかげで酷くならずに済んだわけですが…なんか、やーね。年寄りみたいで(笑)

で、かなり回復したんで、今日、1週間ぶりにタバコ喫ったんですが、やっぱりタバコって身体に悪いんだなーと、改めて実感。頭はクラクラするし、身体は重くなるし。1週間も喫わずにいられたんだから、これを機に止め…ないだろうなー。

去年も一昨年もそうだったんですが、風邪ひくと、だいたい最初にノドがやられるんですね。これはたぶん、タバコ喫ってるから、身体の中でノドが一番敏感になってて、だから、体調が悪くなると、まずノドに症状が表れるんじゃないかと。

というコトはですよ。タバコが美味しくなくなる=身体に異常が起きてるってサインになるわけで。今回の風邪も、もしノドに異常がなかったら、そのまま胃腸がやられて、上から下から、とんでもないコトになってたかもしれない。タバコ喫ってたおかげで、身体の異常に逸早く気付くコトができて、酷くなる手前で抑えられたんじゃないかと。

まァ、なんてポジティブ(笑)

いや、でもね、これは絶対一理あると思いますよ。小さい頃から『風邪は泳げば治る』という、近代医学を完全に無視した親父の教えで育てられてきましたから、多少体調悪くても無理しちゃいますし。それに、最近はノドや痛かったり身体が重かったりしても、風邪なのか、単なる寝不足なのか、ライヴで暴れすぎなのかが判断できないですから。

そう考えると、体調不良を判断するひとつの材料としてのタバコの役割ってのは、見逃すコトはできないでしょう。…なァんて、理屈こねくり回しても、要は喫いたいから喫ってるだけなんですけどねー。

と言うわけで、タバコはやめません。…って、アレ?そういう話じゃなかったですね。そうですね。風邪ですね。ハイ、皆さん、風邪には気をつけましょー。
posted by あとむ at 00:12| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

まずは津田沼レポ

…つっても、正直、なに喋ったかなんて全然覚えちゃいねェ。いや、そもそも、俺はほとんど喋らなかったもんなァ。もともとが、みんなで集まって喋ってるときなんかは、聞き役に徹する方なんで。…って、聞き役に徹してるくせに会話の内容を覚えてないってのも、相当タチが悪いけど(笑)。

いや、ほら、昼間は引越しの手伝いしてたしね。遅刻しないようにと頑張ったから、余計に疲れてたわけで。当然、酔いも早くなるわけで。…はい、言い訳ですね。

唯一喋ったのは、妹の話ぐらいかな。あ、そうそう、妹の話でちょっと説明不足だったんで補足しときますが、俺には妹が2人居まして、結婚式直前まで揉めてたのは3コ下の妹。で、土曜に引越ししたのは、1コ下の妹です。これを説明するのに、やけに時間がかかった…。

あとはなんやろなー。EINSTEINの皆様と別れたあと、ロイホでオツさんと野球の話でエライ盛り上がったコトぐらいしか思い出せない(笑)。とりあえず、オツさんとの結論としては、“球児のストレート”と“伊藤智の高速スライダー”と“佐々木のフォーク”は最強。アレを打つのは人間には無理だって話で決着しました。…分かる人だけ頷いてください。

あ、ちなみに、EINSTEINからは、ナカムラさんとアツコさんとMOEさん、それと秋茜新Bassのミカさんの計4人でした。飲み会での席が遠かったのもあって、結局ほとんど喋ってないなァ。ナカムラさんは、俺が妹の引越しの手伝いあるの知ってたから、まさか来るとは思ってなかったみたいで。アツコさんは、相変わらずアツコさんでした。

MOEさんとミカさんは、それこそホンマに言葉交わしてない…。別れ際に握手してもらったぐらいで。俺の記憶では、MOEさんと握手したん初めてやったから、年甲斐もなく緊張してしまった。しかも、MOEさんにまで『妹さんを大切に』って言われたし(笑)。むしろ、妹に『兄を大切にしなさい』って言ってほしいぐらいなんですが。今度、ライヴに連れて行こうかしら。

あとは…なんでしょね。俺的に、いちばん盛り上がったキーワードとしては、『REMEMBER THE HILLのコップ』ですかね。意味は…各自で咀嚼して楽しんでください。そのうち、ご本人から説明があると思いますので(笑)

こんなトコかなー。…って、音楽の話とか全然出てないし(笑)。レポ楽しみにしてた人、ゴメンナサイ。まァ、ホンマはいろいろ貴重な話は聞けたんやけど、俺の下手な文章で歪曲して伝わってもアレなんで。…べ、別に思い出せないとかじゃないですからー。

なにはともあれ、主催者のオツさんはじめ、参加した皆様、EINSTEINの皆様、ホンマにお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。また次回があるものと、心より期待しておりますので。もし次回があるようなら、そのときも必ず参加させてもらいます。

…妹が離婚で揉めてない限りは(笑)
posted by あとむ at 00:10| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

愛知→千葉→神奈川→東京→愛知

この週末。


土曜日は朝から妹の引越しの手伝い。


夕方に終わり、津田沼へ。


朝までEINSTEINの皆様と飲み会。


終了後は、保土ヶ谷の友人宅へ移動。


日曜は昼過ぎまで友人宅で一泊。


夕方、新木場で天野月子のライヴ。


途中退場、最終の新幹線で帰宅。


そんな、住所不定の素晴らしい週末。


レポだのなんだのは、また後日。



今日はもう寝るー。
posted by あとむ at 01:39| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

トイカ

JR東日本のスイカ、西日本のイコカに続いて、今週末の25日からようやくJR東海でも、ICカード型乗車券『トイカ』が発売されるらしいですね。しかしまァ、なんていうか、スイカやイコカに比べても、ネーミングに捻りがないし、なにより“いまさら感”が強すぎて、果たして受け入れられるのか?って感じです。

なんせ、名古屋地区に住んだコトのある人なら分かるでしょうけど、JRの使用頻度って、そんなに高くないんですよ。ただでさえトヨタ様様の経済事情でマイカー天国の交通事情に加え、東京や大阪のようなJRの環状線もない。もちろん、毎日JRを使うって人もいるでしょうけど、それでも定期券の範囲内だったりするわけで。

まァ、そういう事情があったからこそ、“いまさら”の導入なんでしょうけど。しかし、それならそれで、最初っからスイカやイコカと相互利用できるようにしとけばいいのに。技術的にも可能みたいだし。なんかこう、グループ間での利害関係とか、いろいろあるんでしょう…。

しかも、乗車券以外の、いわゆる電子マネー的な使い方も、まだできないみたいですし。とはいえ、例えそういう使い方が可能になったとしても、現金主義の名古屋人気質(あくまで俺の個人的なイメージです)が邪魔して、なかなか上手くいかないような気もしますが。まァ、そうなったらそうなったで、今度は相互利用の時期が早まるんでしょうね。

個人的にも、相互利用できるようになったら持とうかな、と思います。やっぱり、名古屋市内ではJRってほとんど使わないですから。JRを使うのは、東京や大阪まで鈍行で行くときか、故郷の桑名に帰るときぐらいですし。そんな状態でトイカ持ってても、確実に持ち腐れますから。

こないだも、名古屋駅で大々的にキャンペーンやってましたけど、立ち止まってる人はほとんどいなかったですからねェ…。個人的には、あんまり浸透しないような気がするなァ。どうせなら、去年の万博の時期に合わせれば良かったのに…って、後の祭りですね。ま、JR東海も、そんなに『社運を賭けて』ってほどでもないんでしょう。CMとか、全く見ないですし。

まァ、とりあえず、変な赤字さえ作らなければ、何でもいいです…。
posted by あとむ at 00:57| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

漢字バトン

えー、らずるからバトンが回ってきて、しばらく放ったらかしにしてしまいましたが、せっかく回して頂いたので、答えてみたいと思います。



好きな漢字は?

『俺』 『虎』 『和』 『武』 『哲』

とりあえず、思いつくままに5つ挙げてみました。『俺』と『虎』は、言わずもがなです。『哲』は、分かる人だけ分かってください…って、もったいぶる必要もないか。エエ、本名なので。『和』は、ホンマにいろんな意味が含まれてて、そのどの意味も好きやね。『武』は、単純に字面がカッコエエってだけの話で(笑)


前の人が伝えた漢字に対するイメージわ??

これがね、質問の意味がよくワカランのだけど、俺に対してらずるがイメージした漢字について、コメントしろってコト?とりあえずワカランので、そういう意味だと受け取って、答えてみます。

『虎』…これはもう、自分でも好きな漢字やし、真っ先にこれを思い浮かべてくれたってのは、ありがたい。

『男』…これはねー、どうなんやろ?『俺』ならベストやったけど、どうせなら『雄』とかの方が良かった(笑)

『直球』…これは素直に嬉しい!というのも、また三代目魚武濱田成夫の話になんねんけど、魚武曰く、『詩人はピッチャー』ですから。言葉というボールを使って、どうバッター(読者)を打ち取るかってのが、詩人の仕事であって。その中で、変化球を使った配球(詩)で打ち取るのもエエんやけど、俺は魚武同様、直球だけで打ち取るのを常に目指してますから。それも、藤川のような、分かっててもバットにかすりもしないような直球。なので、この言葉をイメージしてくれたってのは、ホンマに嬉しい。

『温度』…これが唯一、よくワカランかってんけど。なんかこう、温かみがあるってコトなんかな?

『詩』…これはもうね、詩人ですし。そのまんまといえばそのまんまですけど、そのまんまが嬉しい。


漢字をどお思う??

どう、って言われてもなァ…。とりあえず、漢字にもいろいろ種類があって、なんかこう形から作られたものだったりとか、部首と音の組み合わせで作られたものだったりとか。ただ、こう、パッと一目で分かる美しさというかね。ある種、数学の公式的な美しさがあると思う。書なんか見てると、漢字ひとつ書くだけで、どんな絵画よりも素晴らしい調和があったりもするし。数学的で芸術的。そんな感じ。


好きな四字熟語を3つ

『温故知新』…歴史を知らぬものに、未来はない
『自画自賛』…花束をあげたい、この俺に
『明眸皓歯』…あくまでも理想ですよ、理想


バトンを回す7人とその人のイメージする漢字

えっと、回せる人が7人もいないので、パスで(笑)



とりあえず、こんな感じですかね。なかなか面白かったです。しかし、こうやってパソコンの前に座ってると、パソコンが勝手に変換してしまうけど、ちゃんと漢字は使いたいと思いますね。『以外』と『意外』とか、単なる変換ミスなんでしょうけど、ものっそい気になるときとかあるし。みんな、文字を書きましょう、ってコトで。
posted by あとむ at 01:02| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

やっちまった…

昨日は夕方まで仕事して、仕事が終わってからは、LAST TARGETのチラシ配り。こないだは、大須やら栄やら名駅やらの洋服屋さんを中心に配ったので、今回はライヴハウスを中心に。

クアトロ → ZION → UP SET → Huck Finn → TOKUZO → APOLO THEATER → Rock'n Roll → SUNSET STRIPと回ったところで、チラシが尽きたので終了。

この時点で、19時30分。VICKERSのライヴは21時開場で、しかも出番は夜中の2時近くというコトなので、一旦家に帰って、一人で0次会。で、テレビ見ながら酒飲んで、グダグダしてたら…



夜中の3時(笑)



いや、笑い事じゃないってばよ。やっぱアレだね。疲れてたんかね。チラシ配りのライヴハウス巡りを、無理せず地下鉄使えばよかった…。お金ケチって、歩き回ったもんだから…。

ハイ。言い訳です。自分が悪いんです。

しかしなー、先月の浜松が不完全燃焼やったから、めっちゃ気合入れて、めっちゃ楽しみにしてたのに…。後悔しても仕方ないですが。

来月の、ツアーファイナル代々木では、昨日の分も頑張ります…。
posted by あとむ at 12:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

予想GUY

今日テレビ見てて気が付いたんですけど、まだやってるんですね、ソフトバンクの『0円』広告。てっきり自粛してるもんだと思ったのに。


ていうか、あれだけ騒がれてて、公正取引委員会の調査も受けてて、それでいていまだに流し続けてるってのは、どうなの?ソフトバンクも、マスコミも。


特にマスコミ。消費者金融の問題のときから、何も変わってない。スポンサー料さえ入れば、広告内容は不問だってか。


ホンマ、何処も彼処も金儲け第一主義で、嫌になるなァ…。





そういや、CMで思い出した。


巷で噂(もう古いか?)という『たーらこー』ってCM、まだ一回も見たコトないんですが…。もしかして、関東だけとか?


気になって、夜も眠れな…くはないです、別に。
posted by あとむ at 01:37| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

好きだけど嫌いなもの

俺は、ミニスカートは好きですが、ミニスカートをはいてる女は嫌いです。


…突然なにを書き出すんだと思われるでしょうが、今日、営業先でこういう話になりまして(どんな営業だ)。まァ、女性のどんな服装が好きかって話から、俺が↑のような発言をしたんですが、これがなかなか理解してもらえなくて。悔しいから、ここで理解してもらおうかと(笑)。

だいたいね、↑のようなコトを言うと、『独占欲が強いんじゃないの?』的なコトを言われるコトが多いんですが、そんなんじゃないんです。別に彼女云々とかじゃなしに、ミニスカートをはいてる女性全般が嫌いなんですから。

じゃあ、どういうコトかって言うと、こっからが重要ですよ。

例えば、水着。水着姿の女性好きですか?好きですよね?俺も好きですよ。いちおーオスですから。でも、水着姿で街歩いてる女見たらどう思いますか?頭オカシイんちゃうかって思いますよね?絶対、友達にはなりたくないですよね?ミニスカートも、同じコトです。

…理解して頂けましたか?

つまり俺からしたら、あんなん着て街中歩けるなんてのが、とてもじゃないが理解できない。あんなもんね、ファッションでもなんでもない、ただの露出狂。

前に、『日本の男性の8割はロリコンだ』みたいな発言を見たか聞いたかしたコトがあるんですが、それをいうなら、『日本の女性の8割は露出狂』ですよ。さっき『水着姿で云々…』って書きましたけど、ホンマに、水着みたいな服着て歩いてるやつも、少なくないですからね。

そういうのはホンマ、見る分には良いんですけど、絶対に友達になりたくない。そういう意味での、冒頭の発言なんです。


…ていうか、何の話やねん、これ。

…まァ、しばらく真面目な話が続いてたからね。

メリハリですよ、メリハリ。
posted by あとむ at 01:10| 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

イジメ自殺

最近のイジメ自殺のニュース。福岡に始まり、北海道、そして岐阜と、全国にどんどん広がっていってますが、やっぱり岐阜のやつはね、同じ東海地方の出来事でもあるし、新聞やなんかの扱いも大きいから、関心も大きくなるわけで。

履修漏れの問題と同じく、学校側に責任を求める声が大きいわけだけど、これもやっぱり、学校側だけの問題なのかな、と。

例えば、イジメがあったとかなかったとか、学校側の説明が二転三転したコトに対して責める声が大きかったけど、たしかに自らの保身のためかもしれないけれど、もしかしたら『大きな圧力』の前に、そう言わざるを得なかったのかもしれない。

『イジメによる自殺』をゼロにしたい教育委員会や文部科学省が、圧力をかけたのかもしれない。遺書に書かれていた加害者の親が、圧力をかけたのかもしれない。そういった全ての可能性を考えずに、全て学校側に責任を押し付けたら、学校側は身動きが取れなくなる。

イジメの問題ではないけど、履修漏れの問題で、茨城の校長が自殺したじゃないですか。公立高校の校長に何処までの権限があるのか知らないけど、そもそもの授業削減の措置にしても、発覚後の対応にしても、いろんなトコからの板ばさみがあったんだと思いますよ。

だいたい、加害児童の責任ってどうなってんの?実際に殴る蹴るのイジメで殺してしまった場合ですら、子供の人権云々で黙殺されるんですから、直接手を下してない、今回のようなパターンでは言わずもがな、って感じなんですか?

さっきの“学校側の説明が二転三転”のトコでも書こうと思ったけど、もしかしたら、加害児童をかばうつもりで、学校側は『イジメと自殺に因果関係はない』って言ったのかもしれないし。

たしかに、責任逃れをしようとしたなら、それについては責められるべきだけど、イジメそのものについて、学校側だけに責任を問うってのは、なんかちょっと違う気がする。

イジメなんて、だいたいが先生に見つからないように行われてるわけだし、被害児童が先生に相談したとしても、『チクった』とかってエスカレートする可能性は大きい。見つけたとしても、手を上げようモンなら、人権だ体罰だと騒がれる。

そんな状況で『イジメをなくせ』とか言われても、打つ手がないでしょう。せいぜい、被害児童に対するケアぐらいで。そりゃ、学校の中での不祥事は、全て学校が責任を負うってのは正しいんだけど、批判を学校に集中させすぎると、茨城みたいなコトにもなりかねないじゃないですか。

それで、自殺でもしようもんなら『責任逃れだ』って叩かれて。子供が自殺したら『可哀想な被害者』で、大人が自殺したら『責任逃れ』。死んで責任を逃れるってんなら、子供だって一緒ですよ。

親が子供を育てる責任があるように、子供には、親よりも長生きする責任があるわけで。親に元気な姿を見せる責任があるわけで。そういう親への感謝とかを考えたら、自殺する前にとるべき道は、いくらでもあったはず。

遺書を見てるとね、そういうコトを考えずに、妙なヒロイズムに煽られてるような気さえするんですよ。『この手紙を読んでるというコトは、私はもう死んでいるのでしょう』とか『これでお荷物が減るから良かったね』とか。すごく、自分中心のヒロイズム。

被害者のコトをあまり悪く言うのは忍びないけど、こうでも言わないと、命の大切さって伝わらないでしょう。ヒロイズムを煽りまくってるマスコミも、『自殺は悪いコトだ』ってのをもっと叫ばないと、まだまだ自殺する子供は増えますよ。

学校ってのは、ひとつの凝縮された社会。この問題をしっかり解決、もしくは対応していかないと、いずれは社会全体の歪みに繋がっていきますから、履修漏れ問題も含めて、早急に策を練ってほしいですね。
posted by あとむ at 02:18| 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

お金の力の前に、やはり人間は無力なのか

今日は、洗濯機やらシャツやらを買うため、そして、LAST TARGETのBYOツアーのチラシ配りのために、名駅と栄をブラブラと。案の定、其処彼処から流れる『燃えよドラゴンズ』。どのお店も、『ドラゴンズ応援感謝セール』の真っ最中でした。

まァ、俺は知っての通りタイガースファンですから、そんなセールには乗るまいと思ってたんです。たかだか数百円のために、タイガースファンであるという自分の魂を売ってたまるか、と。タイガースファンであるという俺の魂は、そんなに安くないぞ、と。そう思ってたんです。


思ってたんです…が。


やっぱり安さには勝てなかった…。


いや、だって、数百円じゃなかったし…。


2000円ぐらい安くなってたし…。


…って、俺の魂は2000円か(笑)


明日もいろいろブラブラする予定ですが、明日こそは屈しません。


…たぶん。
posted by あとむ at 19:23| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

あれよあれよ

こないだ書いた、高校の履修漏れ問題。なんか、ものすごいコトになってきましたねー。全国で200校近くに広がっただの、何万人もの生徒が卒業の危機だの、過去にもあっただの。こういうもんは、いっこ見つかると、あとは連鎖反応ですから。まだまだ出てくるでしょう。

とはいえ、ここまできたら、もう“数”の問題じゃないですけど。もっと根本的な問題。『高校の予備校化』だとか『ゆとり教育による授業数の削減』だとか。あと、『少子化』も要因のひとつでしょうね。

特に『高校の予備校化』ってのは、けっこうデカイ気がします。生徒や親からの批判の中に、『いまから受験に関係ない勉強はしたくない』ってな感じの、“受験優先”の批判が多いのがその証拠。

まァ、発端となった高校の『生徒側からの要望で…』って発言はウソだったみたいで。それに関して、生徒側を責めるような書き方をしたコトは、反省してます。

ただ、やっぱり生徒の側に、依然として“受験優先”の考え方があるってコトも事実。もちろん、それは生徒だけが悪いってんじゃなく、こないだも書いたように、そういう社会的風潮にも原因があるわけで。ホンマの根本的な問題は、その辺りにあるんじゃないかな、と。

だから、学校側のとった行動も、理解できなくもない。もちろん、社会的風潮に流されるべきではなかったし、今回の問題で問われるべき責任は果たさなければいけないけど、むやみに責めても仕方がない。

そういう背景があるから、どちらかをむやみに責めたりやたらに擁護したりってのは、したくない。これはもう、誰かを責めて解決する問題じゃないですから。とりあえず今、そしてこれから先、ホンマにどうすんねん!ってコトを考えていかないと。


ていうか、やっぱ俺、世界史履修してない気がする…。
posted by あとむ at 02:16| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。