2007年11月21日

新井、阪神移籍で合意

「新井自身が決めたコトだから」とか

「ルールに則った上での獲得だから」とか

「ちゃんとした“補強”だから」とか

そんな正論をいくら並べたところで、他球団(特に広島)のファンからしてみれば、カネに物を言わせて他球団の主力選手を強奪する“金満球団”であるコトに変わりはないわけで。



だからといって。



「新井は広島に残るべきだった」とか

「これじゃ巨人と一緒じゃないか」とか

「若手のチャンスが奪われる」とか

そんな批判をしたところで、来シーズンが始まってしまえば、間違いなく新井を応援するし、阪神の試合に一喜一憂してしまうのが、阪神ファンである俺の悲しい性でもあるわけで。



なので、ここはもう開き直るコトにします。



新井選手、ようこそ阪神タイガースへ!
posted by あとむ at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

大学・社会人ドラフト

1巡目  白仁田寛和  投  手  福岡大
3巡目  石川  俊介  投  手  上武大
4巡目  黒田  祐輔  投  手  シャンソン化粧品
育 成  田中慎太朗  内野手  立正大



高校野球に比べて、大学野球や社会人野球はそれほど詳しい方じゃないので、あんまりこれといった感想はないんですが。それにしても、中田に続いて大場まで外すとは…。中田は当てなくて正解だったけど、大場は外してほしくなかった。まァ、中田の外れで高濱を当ててるから、そんなに続かないとは思ったけど。

指名が投手ばっかりってのが気になるけど、まァ、高校生ドラフトで内野手2人獲ってるし、今年に限って言えば、大学生にも社会人にも、そんなに無理して指名するほどの選手はいなかったしね。ただ、3巡目の時点で、関学の宮西が残ってたから、そこは強行してほしかったなァ。石川なら、折り返しの4巡目でも指名できただろうに…。

4巡目の黒田に関しては、超隠し玉だったみたいですね。なんてったって、野球部のないシャンソン化粧品からの指名ですから。まァ、今朝の報知には抜かれてたみたいですけど。

それにしても、一昨年の鶴、去年の小嶋に続いて、今年も故障持ち(故障明け)の選手を1巡目指名かァ…。まァ、メガネを理由に古田の指名を見送った過去を考えると、ドラフト戦略としては格段の進歩なんだろうけど、いかんせん、故障持ちの選手をじっくり育てるって環境が整ってないからなァ。フロントもマスコミもファンも、急かすから…。FAにカネ使うぐらいなら、トレーナーとか、身体のケア面を充実させてほしい…。

とりあえず、これでドラフトも終わって、またFAやらトレードやら新外国人やらが慌しくなりそうな気配。大場が獲れなかったとなると、金村に続いて、もう一人ぐらいピッチャー獲るんかな。グライシンガーとか…。まァ、ヤクルトは佐藤に続いて加藤も獲ったからね。そんなに罪悪感持たなくていいかも(笑)

とにかく。

高校生ドラフトのときにも書きましたけど、今回のドラフトが成功だったか失敗だったかってのは、今の時点では分からないですからね。幸いにも、投手陣が手薄なチームに指名されたわけですから、新人王目指すつもりで頑張ってほしいです。
posted by あとむ at 23:34| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

阪神・中村泰⇔日ハム・金村

高校生ドラフトが終わり、戦力外の通告も終わり、これからトレード、FA、大学・社会人ドラフトと、戦力の入れ替えが慌しくなる季節ですが、今シーズンオフで、初のトレード成立じゃないかな?阪神の中村泰、日ハムの金村、両投手のトレードが成立しました。


まァ、阪神側からすれば、

実績だけ見れば、ボロ儲け
現時点の実力では、やや儲け
将来性では、やや損
年俸・FA権面では、大損

トータル、ちょい儲け

てトコでしょうかね。
もちろん、現時点で。


俺的には、金村は阪神に来るだろうとは思ってましたが、まさか中村泰と1対1とは…。せめて、吉野と1対1か、中村泰なら、もう一人ぐらい野手つけないと…。

…吉野は、ロッテ・清水用か?

一時期ウワサになってた濱中は、あれだけ書かれてたら、逆にないだろうと思ってました。ま、その記事信じて、日ハムに「濱中獲るな」って電話したバカもいたそうですけど…。

…その濱中も、清水用だったりして(笑)

まァ、でも、今年は明らかに先発不足でしたから。多少実力が下降線でも、それなりの実績があって、致命的な怪我でも抱えてない限りは、どんどんトレードで獲得していってほしいなー。

楽天・岩隈とか、無理かな?


ちょっと話が逸れましたが。


それにしても、金村かー。もちろん、実績は申し分ないし、怪我さえ治れば、ってトコなんやろうけど…。どうも、去年の『途中降板→監督批判』のイメージが強くて、あんまりいい印象ではないねんなー。まァ、下柳とかいるし、大丈夫だとは思うけど…。


とにかく、来シーズン、両選手と両球団にとって、「いいトレードだった」と言われるような活躍を期待したいです。中村も、金村も。
posted by あとむ at 00:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

最悪の結末…

…とはいえ、一昨日のブログでも書いたように、ある程度こうなる覚悟はしてましたから、不思議とショックではないんですけど。もちろん、悔しいのは悔しいですが。

やっぱり、チームとしての実力差が、ハッキリ出た感じですかね。けっきょく、シーズン通して戦うだけの、チームとしてのスタミナがなかったって話で。柱となる先発投手がいなかったり、病み上がりの選手を即スタメン起用しなきゃいけない選手層だったり。

特に先発投手。昨日の下柳といい、今日の上園といい、初回にあれだけ点を取られてたら、JFK云々の問題じゃないですからね。長いシーズンなら、ローテーションの関係で、ある程度の勝ちは拾えるかもしれないけど、短期決戦では、やっぱり柱の居ないチームは弱い。

そういう意味では、今日は打たれましたけど、上園にはこの悔しさをバネに、来シーズン頑張ってほしいです。もちろん、他のピッチャーも含めて、ですが。

まァ、兎にも角にも、これで今シーズンも終了。あとは、来シーズンに向けて、たっぷり休んで、しっかり練習して、またワクワクするような試合を見せてもらいたいです。
posted by あとむ at 00:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

クライマックスシリーズ展望

いよいよ明日から、クライマックスシリーズ(以下CS)が始まります。



が、その前に。



先週、5日に第1弾の戦力外通告がありまして。三東、田村、水落、大橋の4選手が戦力外になりました。まァ、ある程度予想はしていたし、入ってくる選手が居れば出て行く選手もいるわけで、寂しいけど仕方ないのかなー、なんて思ったりもしてますが。

ただ、三東だけはなァ…。もちろん、怪我の影響もあったんだろうけど、もう1年我慢してほしかった気もするなァ。誕生日が一緒だし、応援してた選手の一人だっただけにねェ。

恐らく、大学・社会人のドラフトが終わったあとに、第2弾の戦力外通告があると思うけど、今回の4選手を含め、現役続行を希望する選手、第2の人生を歩む選手、それぞれに頑張ってほしいです。みんな俺より若いんだしね。



で、本題。



明日からのCS。こないだも書いたけど、基本的にはCS制度には反対の俺ですが、今年のタイガースに限って言えば、1位の巨人にも2位の中日にも勝ち越してる。それに、交流戦を除いたセリーグ同士だけの勝敗で見ると、首位。まァ、これならセリーグ代表として日本シリーズに出るだけの資格はあるんじゃないかと。…ま、後付けですけど。

ただ、正直言って、1stステージの相手は巨人の方が良かったなァ。巨人に3戦2勝はできるかもしれんが、中日に3戦2勝はキツイ。逆に、巨人に5戦3勝はキビシイ気がするけど、中日に5戦3勝なら何とかなりそうな気がする。あくまで主観ですけどね。

けどまァ、いまさらそんなコト言ってもしょうがないので、とにかく勝つしかないんですが、あんまり勝つイメージができないってのも事実で。恐らく勝てるとしたら、ドロドロの泥試合に持ち込んでの、3点以内のロースコアゲーム。これしかないでしょうね。

となると、いかにして1点を取りに行くのかが大切になってくるわけで。とにかく四球でも何でもいいから塁に出て、大きいのは狙わずにランナーを進めて進めて、ボテボテの内野ゴロでもいいからランナーをホームに帰す。こういう野球が必要になってくるでしょうね。

…ま、そんな野球ができてりゃ、もっと上の順位を狙えてましたが(笑)

あとは、くどいようやけど、JFKかなー。この3人を、どのタイミングでどういう風に使うか。これさえ誤らなければ、少なくとも無駄な失点は防げるはずですから。一時期新聞に書かれていた、『4回からJFKを2イニングずつ』なんて使い方をするようなら、ダメでしょうね。

短期決戦とシーズンの戦い方は違う、なんてコトを言いますけど、シーズン中からまるで短期決戦のような戦い方をしてたタイガースですから、裏を返せば、あまり変なコトはせずに、シーズン中と同じ戦い方をできるかどうかがポイントだと思います。

あとはもう、運というか。奇跡的に、全員の調子が上向いてくれるコトを祈るだけです。昔っから、全員揃って絶好調か、全員揃って絶不調ってのが伝統みたいになってるチームですから。ただ、直前の情報を見る限りでは、悪い方の目が出そうな予感が…。

とはいえ、兎にも角にも、こんな時期までタイガースを応援できるってコトが、俺にとっての一番の幸せですから。もちろん、『だから勝たなくてもいいや』とはなりませんが、とりあえず、負けたら終わりなんで、最後の最後まで、諦めずに応援したいと思います。



…ってコメントが、すでに諦めてるよなァ(笑)
posted by あとむ at 01:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

シーズン総括

『また後日』って書いといてそのまま放ったらかしにしとくと、いつの間にかCSが始まっちゃいそうなので、さっそく書いてみる。

てなわけで、昨日で2007年の公式戦全日程が終了したタイガース。最終成績は、74勝66敗4分の3位。まァ、選手一人一人の個人成績だけ眺めてたら、よくまァ8つも貯金ができたなって感じやね。

終盤、一時期は10連勝で首位に立ったりして、『もしかしたら…』なんて気にもさせてもらったけど、そのあと息切れ気味の8連敗。ただ、交流戦の頃のコトを考えると、儚いながらも夢を見られたって点では、良いシーズンだったんじゃないかなー。

その原動力は、なんつってもJFK。完投できない先発投手陣と、得点を取れそうで取れない打線の間で、ホンマによく頑張ってくれた。

最後の最後で、かなり疲れが出てたみたいな感じやったけど、それはもう、仕方ないよね。『酷使の影響』みたいな声もあったけど、出し惜しみしなかったから、あの快進撃があったわけだし。あそこで出し渋ってたら、3位もなかったかもしれんわけやしね。出し切って負けたんやから、コレはもう、仕方ないかな、と。

あとは、殊勲賞として上園と桜井、敢闘賞として狩野と渡辺ってトコかな。特に上園はね、なんとか新人王取らせてあげたいけど、規定投球回数に達してないし…。今年は該当者なしかなァ。ただ、金刃や飯原に取られるぐらいなら、上園が取るべきだとは思う(笑)

まァ、でも、今年はなんやかやで収穫もたくさんあったしね。最終的な成績以上に面白いシーズンだったんちゃうかなー。もちろん、これで優勝できてたら、もっと面白かったんやけど。

とはいえ、今年はCSもあるし。本音を言えば、『シーズン3位で日本一になってもなァ…』ってのもあるんですが、いちおー、巨人と中日には勝ち越してるわけやし。そんなに卑屈になる必要もないんじゃないかな、と。

てなわけで、CSの展望に関しては、直前に。
posted by あとむ at 00:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

高校生ドラフト

1巡目 高濱卓也 内野手 横浜高校
3巡目 森田一成 内野手 関西高校
4巡目 清原大貴 投  手 常総学院



個人的には、中田よりも高濱のほうが評価が高かったので、中田外して高濱当てたってのは万々歳。ただ、一昨年の大和、去年の野原に続いて、3年連続で俊足巧打好守の、いわゆる“1・2番タイプ”の内野手ってのはなァ…。もちろん、切磋琢磨してくれればそれでいいんですけど。

森田と清原に関しては、あんまり印象というか、資料がない…。どうやら、森田は左打ちのスラッガー、清原は右投げの本格派、みたいです。

まァ、とはいえ、高校生ですから。これからの育て方次第で、良くも悪くもいろんな方向に転がりますからね。もちろん、3年後になるか10年後になるかは分かりませんが、3人揃って甲子園で暴れる姿を期待してますよ。





今シーズンの総括とかCSの展望とかは、また後日。
posted by あとむ at 01:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ジレンマ

ちょっと前から気になってたコトがあって。



まァ、でも、気のせいだろうと、自分に言い聞かせて。



それでも昨日、また気になって。



今日、ちょっと調べてみたんです。





俺がライヴ行った日のタイガースの成績。



4勝16敗



勝率2割(泣)





偶然とはいえ、ちょっとヒドイな…。



しかも、ここ最近の1ヶ月で、5敗しかしてないのに



そのうち4敗が、俺がライヴ行った日(泣)



偶然、です、よ、ね…?





まァ、今日勝ったから、どーでもいーや(笑)
posted by あとむ at 00:35| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

待望の貯金生活!

ここ2〜3日、書きたくて書きたくてウズウズしてたタイガースネタ。九州レポも書き終わって、ようやく書ける!もし今日負けてたら、どうしようかと思った(笑)

とはいえ、ナゴヤドームで初の、ナゴヤ球場時代も含めるとなんと21年ぶりの、名古屋での3タテ。3試合とも接戦に次ぐ接戦で、久保田や藤川の疲労度を考えると、今日はボロ負けでもエエかなーなんて思ってたりもしたけど。相手は三浦やったし。

ただ、せっかく勝率5割に戻して、すぐに借金生活に逆戻りってのも悲しいので、勝ってくれてホンマに良かった。願わくば、久保田と藤川、できればダーウィンも休ませられるような勝ち方が理想だったけど…。そのダーウィンが2ラン打たれたんだから、しゃーない(笑)

まァ、でも、そんなに連勝が続くわけでもないし、久保田や藤川(戻ってきたら、もちろんジェフも)の登板を勝ち試合に限定すれば、そんなに無茶な連投にはならないかなーと。そもそも、完投能力のある先発投手がいない現状、JFKの勝ちパターンに持って行かないと勝てないってコトを考えると、ある程度の連投は頑張ってもらわなしゃーない。

それにしても、後半戦に入って、岩瀬、山本マサ、川上、三浦と、いままでは顔を見るのも嫌だった相手を、ことごとく攻略しての連勝。やっぱり、林とか桜井とか狩野とか、その辺りの若手には、『鬼門』とか『苦手意識』っていうのが植えつけられてないのがエエんやろね。

特に、林と桜井に関しては、スタメンに定着してくれたのが、嬉しくて嬉しくて…。3年ぐらい前から、広島に移籍した喜田も含めて、毎年毎年キャンプでこの3人の名前を挙げて期待し続け、去年辺りから林が結果を残し始めて、そして今年、ようやく桜井も開花。嬉しいったらありゃしない。

投手陣でも、今日投げた上園がどんどん安定感増してきてるし、もうあと2枚、若竹でも岩田でも小嶋でも杉山でも福原でも筒井でも中村泰でも玉置でも、誰でもエエから、5回2失点ぐらいの安定感のあるピッチングをしてくれたら、言うコトないです。

ともかく明日こそは、久保田と藤川が準備する必要すらないような試合を期待して。ボロ負けでもエエけど、できればボロ勝ちで。
posted by あとむ at 01:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

ひさしぶりに…

気が付けば、すっかり更新が滞ってしまいまして。ひさびさの更新です。まァ、ライヴがないと、こんなもんやね。そんな、なんの変化もない、つまらない毎日を送ってます。

で、ひさびさついでに、ひさしぶりにタイガースの話題でも。

というのも、今日、これまたひさしぶりにナゴヤドームに観戦に行ってきまして。しかも、さらにひさしぶりに、ナゴヤドームでの勝ち試合。ホンマ、下手したら、5年ぶりぐらいかもしんない…。

だというのに、全然勝った気がしねェ(笑)

というのも、ドームに着いたときにはすでに3回の裏で、唯一の得点シーンは見逃すし。しかも、3回以降、毎回ランナーを出しながらも、ついに最後まで追加点が奪えなかったし。

もっと言うなら。

1死3塁で1点も取れないクリーンアップってどうなの?とか

JFKは、せめてイニングの最後まで投げさせろよ、とか

そもそも、久保田使いすぎやろ、とか

なんで桜井のところで代打庄田やねん、とか

それやったら桜井に打たせて、守備固めで庄田やろ、とか

それで最終的に守備固めで桧山なんて、本末転倒やがな、とか

まァ、言いたいコトは山ほどあるんですが。

そんな贅沢な注文は貯金が潤沢にあるチームの言うコトであって、借金抱えてBクラスに甘んじてるようなチームは、とりあえず目の前の試合に勝つってコトが大切ですから、良しとしましょう。

それに、そんな悪いトコばかりでもなかったしね。

下柳-JFKのピッチングはさすがやったし、藤本や関本の守備もよかったし、赤星も強い打球が打てるようになってきたし。なにより、最終回の鳥谷の走塁。

その前の2打席、チャンスでことごとくポップフライを打ち上げたバッティングはいただけないけど、最後の打席、ゲッツーだけは免れようと、全力で1塁を駆け抜けた走塁。ああいうプレーができるんであれば、まだまだ巻き返しのチャンスはあるはず。

元気のいい若手も出てきたコトやし、まだまだオールスター前。『3位以内に入ればなんとか…』なんて考えずに、どんどん上位を狙っていってほしいです。

てなわけで、このブログも、しばらくはタイガースネタを中心にしようかと。まァ、定期的に見てくれてる人たちのカテゴリーでは、ニーズは少ないかもしれませんが。そういう“すき間”をフォローするのも、大切なマーケティング戦略ですから。

…他にネタがないってのが、一番の本音ですが(笑)
posted by あとむ at 00:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

オープン戦観戦in高知

ちょっと遅くなりましたが、こないだの週末に行った高知のレポでも。高知へは、大学時代の友人&後輩と5人で行きまして、タイガースのオープン戦以外にも、龍河洞やら桂浜にも行ったんですが、とりあえずはオープン戦のコトだけ。

ちなみに、前の記事で『キャンプ&オープン戦』と書きましたが、正確にはオープン戦だけです。あしからず。

てなわけで、オリックスとのオープン戦。高知球場。

試合開始1時間ぐらい前に球場に向かったんですが、球場のちょっと手前から大渋滞。ほとんど車の動く気配がなく、仕方がないので、少し離れた駐車場に車を停めて、歩いて球場へ。

球場は、オープン戦とは思えないぐらいの人人人。内野指定席を取っておいたんで大丈夫でしたが、自由席やったらヤバかった…。ちなみに席は、ベンチ横のカメラマン席のほぼ真上、前から3列目という絶好のポジション。席に着くと、程なくプレイボール。

タイガースの先発は江草。“ポスト井川たち”の1番手ですね。1回2回はなんとか無難に抑えたものの、3回に連打を浴びて2失点。けっきょく4回まで投げて、その2失点のみ。ランナー出してからの制球の甘さがなァ…。ま、悪くはなかったですけど。

で、5回はなんと、藤川!まァ、地元ですしね。泊まったホテルの従業員の話やと、実家もすぐ近くみたいやし。いわゆる、サービス登板です。

なので、内容に関してはボチボチ(1回1安打1奪三振)だったんですが、なんといっても球場の雰囲気が凄かった。オリックスの攻撃中なんで、もともと鳴り物もなく静かな雰囲気(オリックス主催試合なのに…)なんですが、それ以上に、球場全体に張り詰めたような緊張感がありました。球場全体が、藤川を見守ってるというか。

藤川がセットに入ると同時に、空気がピンと張り詰めて、1球投げ終わるたびに、それがストライクでもボールでもファールでも、『おお〜』という歓声とともに、束の間解ける緊張感…。1球ごと、そんな感じの繰り返しでしたね。

藤川も凄いピッチャーになったもんだなァ…。ホンマ、これ見ただけでも、高知まで行った甲斐がありました。ていうか、この試合に関しては、これ以外に収穫がなかったですから(笑)

6回7回は、これまた“ポスト井川たち”の筒井。こちらも、イマイチ制球が定まらず、ランナーを溜めては長打、の悪循環で3失点。

8回は、キャンプで評判の良かったルーキー上園。かなり期待して見てたんですが、これまたランナーを溜めて満塁ホームランで4失点。

けっきょく、試合は0−9の惨敗でした…。打線も、たったの3安打のみやったし。ホンマ、さっきも書きましたけど、藤川のピッチングが見られたコト以外は、なんの収穫もなかった試合でした。

赤星が2安打2盗塁で、かなり復調をアピールしてましたが、もともとそれぐらいはできる選手ですし、それを“収穫”とまで言うのはなァ…。鳥谷は、相変わらず『記録されないエラー』連発だったし、林、桜井、喜田あたりもサッパリ。ただ、喜田のファースト守備は、ちょっとマトモになってました。

あとは、ルーキーの野原がフルイニング出たんですが、なかなか雰囲気のある選手でしたね。最初の打席、ノーアウト1塁で回ってきたんですが、しっかり右方向にゴロを打ててましたし。もちろん、まだまだプロのレベルじゃないですが、スピードにさえ慣れれば、良い選手になると思います。

…と、まァ、こんな感じで、シーズンに向けて不安いっぱいのスタートとなったわけですが、まだまだ始まったばかりですし。これから1ヶ月かけて、どんどん不安を解消していってくれれば、それでいいわけですから。

それにしても、わざわざ高知まで行って見る試合じゃなかったよなァ…。ホンマ、大丈夫かしらん、今シーズンは…。
posted by あとむ at 00:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

キャンプイン3日目

てなわけで、先日書きそびれた野球ネタ。…つっても、あんまりネタがないんやけどね。キャンプ始まったいうても、まだ3日目やし。現時点でのタイガースの話題といえば、ユニフォームが新しくなったってコトぐらいやし。まァ、新外国人以外に特に目立った補強もしてないし、仕方ないっちゃ仕方ないんですけど。

しかも、その新外国人はといえば、ピッチャーで入ったくせして、『打撃が凄い!』なんてコトしか話題になってないし。…肝心のピッチングはどやねん!って感じですわ。

まァ、この時期に、話題先行型でワッショイワッショイ煽らなくてもいいぐらい、チームに力がついたと思えば、なんてコトないですけど。

とはいえ、不安も山ほどあるわけで。その最たるものが、いわゆる“井川の抜けた穴”。まァ、マスコミは『ポスト井川』だの『左腕戦争』だの煽ってますけど、別に井川の穴を埋めるのが、左腕である必要はないわけで。だいたい、年間200イニング、怪我もなくきっちりローテを守れるピッチャーの穴を、ポッと出の若手に埋められるはずもなく。要は、下柳、福原、安藤あたりが、どこまで踏ん張れるか次第だと思うんですけどねェ。

野手陣に関しては、今岡も戻ってきて万全の態勢…と言いたいトコやけど、これまた不安がどっさりと。ていうか、今岡はホンマに大丈夫なんか?最盛期ほどの期待をかけてしまって大丈夫なんか?なんか、怪我してる間に“神話的扱い”になりすぎて、その反動が怖いんですけど。

それに、『層が厚くなった』とは言われてるものの、なかなか若手が出てこない。岡田さんの方針もあるやろうけど、3年ぐらい前から期待され続けてる選手で、ようやく林にメドが立った程度。桜井、喜田、どうした?

他にも、矢野の後釜キャッチャーの問題とか…。いや、ホンマね、キャッチャーなんていつ怪我するか分かったモンやないからね。浅井でも岡崎でも狩野でも、誰でもエエから鍛えとかんと。

と、まァ、不安なコトばかり書きましたが、数年前までのように、この時期に机上の空論で楽観視してシーズン入ったら…、なんてのに比べれば、ちょっとぐらい不安な感じでちょうどエエのかも。とりあえず、今月末に安芸までキャンプ&オープン戦の視察に行きますんで、楽しみはそれまで取っておきましょうってコトで。

はてさて、今年はどんなシーズンになるコトやら…。
posted by あとむ at 18:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

井川、NYへ

いやー、ビックリしました。

なにがって、井川のポスティングの結果。

30億って金額も然るコトながら、まさかNYとはねー。

俺はてっきりシアトルだと思ってたのに…。

ま、そっちの方が放送も多いし、エエかもね。

ワールドチャンピオンの可能性も高いし。

またもやタテジマってのも、なんか嬉しいし。

正直、ヤンキース自体は好きな球団ではないんだけど。

タイガース代表のつもりで頑張ってほしい。



そんな井川に対して、不安をひとつ挙げるならば。



ピッチングが通用するのか?

ではなく

言葉の壁は大丈夫なのか?

でもなく

文化の違いに戸惑ったりしないだろうか?

でもなく





ちゃんと散髪に行くだろうか?



だったりする、今日この頃。
posted by あとむ at 01:52| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ドラゴンズ優勝

まァ、正直、悔しいわな。

ただ、悔しいと思う反面、昨日今日と、あれだけ強い野球を見せられたら、そして、直接対決での対戦成績を考えたら、諦める他ないですが。

とはいえ、この1ヶ月、ホンマに毎日が楽しかった。

最後まで諦めずに戦ってくれたタイガースの選手には、感謝したいです。

もちろん、これで満足せずに、来年は優勝してほしいですが。

そのためにも、残り3試合、全力で戦ってほしいです。

ホンマの最後の最後まで戦う姿勢を諦めないコトが、必ず来期に繋がるから。



それにしても、やっぱ悔しいよなァ…。
posted by あとむ at 23:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

まだまだ

諦めませんよ?



こうなったら、最後の最後まで足掻いてやりますから。



たかが2連敗。



この程度で諦めるぐらいなら、最初っから信じないです。



エエ、まだまだ諦めてませんよ?
posted by あとむ at 13:12| 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

諦めて堪るか、じゃ

正直、オールスター明けの3連戦に3連敗した時点で諦めてた。しかもそのあと、8月にも直接対決で3タテ食らって、もう今年の野球は終わったな、ぐらいに思ってた。

ところが。

先月末の巨人戦。連敗を5で止めた試合のヒーローインタビューで、藤川が見せた涙。俺も単純な人間ですから、コレはもう、最後まで諦めるわけにはイカン、と。

そのあと阪神の調子が上がってきた。中日が調子を落としてきた。だからいまは強気に言えてるだけかもしれん。

けど、もう決めました。

中日のマジックがゼロになるまで諦めて堪るか。

もっと正確に言うなら。

阪神が逆転優勝するまで諦めて堪るか、じゃ。

いや、もう、これは、野球だけの話じゃなくて。最近こう、全てにおいて、安全なほう安全なほうへ自分を逃がしてるコトが多かったので。負ける悔しさを正面から受け止める覚悟がないと、勝っても心から喜べないし。

残り24試合。

俺は、信じます。
posted by あとむ at 01:31| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

今シーズン初観戦

行ってきました、ナゴヤドーム。案の定、負けました…。

まァ、ナゴドやしね。相性悪いし。しかし、これでナゴドでの観戦連敗記録は、どこまで伸びたコトやら…。

それにしても、4.5差かァ。まァ、この3連戦3タテ食らうコトを見越しての『首位と2差以内で前半戦終了』のつもりやったし。最悪の結果ではあるけども、あくまで予想範囲内での最悪の結果ってコトで、まだまだシーズンは諦めてませんよ。

…とはいえ、悔しいよなァ。せめて、観に行った試合ぐらいは勝ってほしいよなァ…。

ああ、そういや今日はオトンと観に行ったわけですが、オトンの方が、よっぽど相性は悪いみたいで。なんせ、勝てないどころか、点を取ったトコすらほとんど見てないらしい。一昨日も観に行ったらしいけど、諦めて帰ったあとに2点取ったみたいやし。今日も、1点取ったあとに到着したみたいやし。

…もしかして、勝てない元凶は、俺じゃなくてオトンか?(笑)

とりあえず、明日からは『死のロード』前最後の甲子園。気持ち良くロードに出られるように、何とか勝ち越してほしいです。で、ロード終了時までに、首位と3差ぐらいにまで縮められていれば…。

なんとかなる、か?
posted by あとむ at 23:15| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

一進一退

なんかこう、イライラするような試合が続いてるねェ、タイガースは。それに比べて中日は、なんなんでしょう、あの安定感は。投手陣は最強やし、打線も繋ぐ野球をしたり一発攻勢に出たり、全くスキがない。悔しいけど、強いよなァ…。

なーんて、弱音ばっかり吐いてもいられないんですが。なんせ今週末はいよいよ直接対決。オールスター明け一発目も中日戦やから、なんとか苦手意識を払拭してほしいね。しかも今シーズン、まだ中日から1勝もしてない…。いや、ホンマ、エエ加減勝ってくれんと…。

打線は相変わらず調子悪くて、岡田さんもいろいろ打順組み替えたりして試してるけど、オールスターまで残り9試合。いっかい打線を固定してみたらどうなんやろ。右と左で組み替えたりもせずに。素人考えやけど、そっちの方が落ち着くと思うんやけどなァ。

まァ、ここであれこれ考えててもしゃーないですね。選手を信じて応援するコトぐらいしかできないんですから。それしかできないんであれば、それに全力を注ぐのみ、です。
posted by あとむ at 23:55| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

冷静になろうや…

『12連敗まで伸ばして差し上げる』だなんて、調子のエエコト書かんかったら良かった…。毎回そうやねんなー。強気なコト書くと、たいがいアカンねんなー。とりあえず、中日が付き合って連敗してくれたから良かったようなものの。エエ加減に学習せェよ、俺。

んで、今日はオールスターのファン投票。今日、投票結果が出たみたいですけど、これも毎回言ってるコトなんですが、ホンマにみんな冷静になろうよ…。いや、もちろん、阪神ファンとして、阪神勢がたくさん選ばれるんは嬉しいんですけど、100歩譲っても藤本は選ばれたらアカンやろ…。それやったら、ラロッカや梵の方が、ナンボかマシ。

今年は6人選ばれたみたいですけど、『文句なし!』ってのは藤川ぐらいのもんでしょ。藤本は言わずもがな、単純に成績だけ比較しても、シーツ<李、鳥谷<二岡、金本・赤星<青木ですもん。もちろん、成績だけじゃないにしろ、それでも票の集め方が異常すぎる。

まァ、とはいえ、各々の成績を見て、オールスターに相応しくないかっていうたら、藤本以外はそうでもないんで、これはこれでエエんかなー、という気もしますけど。金本や赤星には過去の実績があるしね。…って、なんかさっきから藤本を目の敵みたいに言うてますけど、別に藤本キライじゃないですよ。むしろ、好きな選手の1人。だからこそ、あんな成績でオールスターに出てほしくないだけで…。

他のポジションに関しては、まァ、順当でしょう。なんやかんや言うてますけど、結局は『ファン投票』ですから。人気上位になってしまうのは仕方のないコトですしね。交流戦も始まって、セ対パの真剣勝負の場も増えたし、ファンが楽しむためのお祭でエエんちゃいますか?

てなわけで、そのオールスターまで残り14試合。今週末のヤクルト戦が秋田ってだけで、残りは全部地元でのホームゲームやからね。なんとかエエ形で前半戦を終わってほしい。首位に立てとは言わんから、せめて首位と2ゲーム差ぐらいで。



…こんぐらい謙虚やったら大丈夫かな?
posted by あとむ at 00:49| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

21勝15敗

月曜火曜と、雨で流れた2試合を消化して、今年の交流戦も無事終了。21勝15敗って成績は、12球団ダントツ最下位のチーム打率を考慮すれば、出来過ぎってぐらいじゃないでしょうか。去年は交流戦でエライ躍進したってイメージあるけど、それでも21勝13敗2分やしね。実はそんなに変わらない。

ていうか今日は、そんなコトではなく。

久保田が骨折って…。マジかいや…。

まァ、杉内みたいに利き腕でベンチ殴ったとかではなく、自分の子供を助けるためだったんやし、仕方ないけど。『プロとして失格』とか言うアホもおるやろうけど、さすがに久保田は責められんよなァ。そりゃ、咄嗟のときには利き腕が出るって…。

とはいえ、チームにとって痛手なのは間違いないわけで。確かに最近は失敗も多いけど、久保田がいるからこそ、勝ちパターンが確立できてたわけやし。それに、同点の9回にマウンドに上がって、そのまま12回まで投げられるクローザーなんて、そうそういないもんなァ。

そうなると、久保田の代わりを誰が務めるのかって話で。中西ピッチングコーチは『藤川で』って言ってるみたいやけど、俺は大反対やね。久保田と同様に、藤川がいまのポジション(セットアッパー)にいるからこそ、中継ぎ陣が機能してるんやと思うし。なにより、12球団No.1のセットアッパーをクローザーに使うなんて、勿体なさすぎ。

それならまだ、ウイリアムスの方がいい。ウイリアムスならクローザーの経験もあるし、なにより、今年は開幕してから1ヶ月以上、ウイリアムス抜きやったからね。つまり、そこまで慌てて中継ぎ陣を再編する必要もなく、ちょっと前のように、金沢、能見、ダーウィンあたりで賄える。

もちろん、ウイリアムスと藤川の役割は変えずに、誰か他のピッチャーが久保田の代役を務めてくれるってのがベストなんやけどね。できれば、太陽あたりが頑張ってくれればありがたいんやけど…さすがに無理かなァ。5球に1球ぐらいは、ビックリするぐらいエエ球投げるんやけどなァ。せめてそれが、3球に1球になれば…。

とにかくホンマ、ここからオールスターまでの1ヶ月、なんとか乗り切ってほしい。投手陣も野手陣も、好材料に乏しいのは否めないけれど、ここがひとつの正念場やと思うからね。兎にも角にも、これ以上怪我人が増えないように…。
posted by あとむ at 00:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。